海外留学を実現するための勉強法

とにかく外国に行きたいと言う思いで英語の勉強していた頃私は中学校の英語レベルしかありませんでした。
その頃私は、高校生でした。高校で成績優秀者には交換留学できる学校学校でしたが夢叶えることが出来ず、大学生になってから自分のお金で行くことを決めてから、本格的に、勉強しました。18歳頃から今までずっと英語ので勉強をしています。その当時の英語のレベルは中学校レベルでした。

それから、勉強を始めて語学留学に必要な試験を受ける為に勉強を始めました。
とにかく英語の単語を覚えて使えるようになるまで、が大変でした。
でもある時点で、勉強が楽しくて仕方ない時期がありました。
出来るようになると、単語もスラスラ覚えられるので凄く楽しかった。

覚える方法は、メモリーツリーで単語を覚えました。
文章を書くときに、使えるので凄くよかったです。
とにかく意味が似てる単語を集めて、toを使う単語を浸すら書くことで、ofとtoどちらを使うのか迷わなくなりました。その上単語の発音が似ている単語を浸すら書くことで、ヒヤリングとスピーキングが上達しました。
書くことが凄く楽しくて仕方ない時期でした。
あと自分なりのテーマを決めてノートに文章を書くことでライティングが上がりました。

正しくかけているのか自分では、判断できないけど、とりあえず書くことで、使える単語を増やしていきます。
試験を受けるにはスピーキングとライティングとヒヤリングがあるIELTSの試験は年2回しかないので、受験料が無駄にならないようにしっかり勉強する中で、市販のテキストではなく英会話学校のテキストを使いました。
学校に行く前に自分で勉強してから、英会話学校に行きました。その学校で自分なりのテーマを決めてノートに書いた文章を添削してもらって、それから学校のテキストを使って問題を解いていきました。

今まで自分なりの勉強方法から指摘されることが多い分学ぶことが多いですけど、何もない0から学校に行くよりかは、自分でやるには限界を感じてから学校に行く方が理解力が上がると思います。

英会話学校に行けば出来るようになると思うのは、おススメしませんが、自分なりの勉強方法が見つかるまで試行錯誤しながら覚えるのは凄くいいと思うのでおススメです。

私はメモリーツリーのやり方でかなり、単語が覚えられました。なので自分なりの勉強方法を見つけていくうちに、出来るようになると思います。
私は英会話学校に行ってからテキストの単語と文法の勉強ができるようになりテストでもある時点で高得点を取れるようになりました。

その結果、試験を1発で合格しました。その年の9月にイギリス語学留学を行きました。
夢をかなえるまで試行錯誤をして英語を使いこなして、今では海外旅行にも困らないようになりました。
そして留学経験は就職にも経験をアピールできるので、よかったと思います。

そして仕事でも英語を使う業務をこなすことがあるので今でも勉強中です。

itodenwa99

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大学受験の英語勉強法|構文解析を行う

英語は楽しみながら学ぼう!

耳を鍛えるリスニング方法

映画を使った実用的なイギリス英語の勉強法

英検対策!覚えなくてはいけない単語を確実に覚えていく勉強法

英検準1級を合格するための勉強法