英語スピーチの極意とは?

英語でスピーキングすることも求められる時代となっています。ビジネスにおいてお大学においてもプレゼンを英語でする機会がかつてないほど多くなっているのではないでしょうか?

そこで、スピーキング力とくに英語でのスピーチする力をどのように伸ばすことができるのかについて考えていきましょう。その為に日本語と英語の言語面での特性の違いについて理解し、そしてどのような方法で伸ばせれるかについて説明していきます。

スピーチにおいて英語と日本語の違い其の一

スピーチという分野だけで見るのなら日本語は英語よりも不向きな言語であると言えます。それはどうしてかと言われると様々な理由がありますが、まず英語と日本語の違いは文法の構成上全く逆であるという点から見るなら理解できます。
英語は主語が最初にきてそして動詞その後目的語となります。

つまり、はっきりとしています。
一方日本語は主語がなくとも最後に動詞がくるので話を途中であいまいにしやすい便利さがあります。
ゆえに奥ゆかしい、微妙な表現も可能な言語ですが、英語の場合は誰が何をするのかハッキリとしていなければ相手に伝わりません。
となるとご理解できると思いますが英語のほうが相手に明瞭な話がしやすいということです。

スピーチにおいて英語と日本語の違い其の二

英語はあいまいな表現ができたとしても限界があります。日本語は英語並みに語彙の多い言語です。むしろ英語以上と言えます。言葉を選択して微妙な表現も表すことも可能となります。

もう一つ言える分野は日本語は言語として日本だけに限られた言語です。となると国内だけでお互い理解しあえるので言語の幅は広がらなくても掘り下げる点に発展した言語です。ゆえに言葉だけで表現することがより可能です。

一方、英語は国際語です。英国、米国、南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポールなど幅の広い言語です。ゆえにお互いの意思の疎通を交わすのにジェスチャーや顔の表情による意思伝達の力により頼った言語の一つです。

しかし、スピーチにおいて顔の表情、ジェスチャーで強調することは重要です。
ゆえに、英語のほうがよりスピーチで視覚により聴衆にインパクトを残しやすいので心を動かす点で優れた言語であると言えるのです。

スピーチは、言い回しよりもアイデアを伝えることが重要

では、どのように英語のスピーチ力を鍛えれるか?まずはスピーチの内容の作成からですが、英語はよりはっきりと明快でなければ伝わりません。

ゆえにおすすめなのは自分のアイデアを伝えることに集中するために文法は簡単なものにしておく必要があります。

そこで、どのような単語を用いるかに気を配り過ぎるとアイデアを伝え損なうことがあります。

一つの方法として一つのフレーズの中に接続詞は一つだけにしておきましょう。もしいろいろな接続詞を連続して使うと会話上では良いですが、スピーチにおいては要点がぼやける場合があります。

そして、この点を忘れないようにしたいものです。一度のスピーチで相手が記憶できる情報や要点は3つぐらいということです。もしスピーチが短いのなら要点は1つか2つです。
いくら長くても3つだけに絞ると効果は増し加わります。

スピーチは、顔の表現とジェスチャーの力が大きい

話の内容を相手に印象深く残すには、ジェスチャーの力は大きいものです。ただ、ジェスチャーには大きく分けて二つあります。
一つは強調の為のジェスチャー、もう一つはdescriptionつまり大きさや長さなどをジェスチャーで表現することです。
もう一つは顔の表情です。日本人が苦手とする分野ですが、英語を母語とする人には表情の乏しさは心を開いていない人として見られてしまい信頼を得損ないます。
以心伝心の文化で生きてきて日本人ですから、克服するにはトレーニングと意識が必要ですが、歓びや悲しみといった感情を顔で表現することが必要です。

顔の表現とジェスチャー力をどのように伸ばせれるか?

ここでおすすめしたい方法の一つがスピーチを練習する時に鏡の前で練習することです。
さらに表現力を伸ばす別のできる方法はスマフォなどのカメラを使用することですが、望ましいのは画面の大きいPCやタブレットのカメラを自撮影して映像を見ながら練習することです。
いかに、表現力が足りないかが理解できます。人の顔には20あるいは30種類以上の筋肉があると言われています。表情筋を上手に活用できるようにスピーチすることが英語では必須です。

毎日、出来上がったスピーチ文を声を出して練習する

これがもっと重要な点です。
とにかく毎日スピーチ文を読んで練習することで、スピーチの内容を暗記するぐらいまで声出しで練習することです。文章を作成することより声に出して練習することのほうがより重要です。
練習の間に新しいアイデアが出て付け足すこともできますし、修正もできます。
もし、それほど練習しているのなら、英語がまさに自分の言葉へと変化するのを体験できます。言語を学ぶ上で最も重要なのは音読つまり声に出してその学んでいる言語を朗読することと言われています。
人は読む時に脳をフル稼働させます。さらに英語スピーチにおいて聴衆と目と目を合わせながらスピーチすることも可能になります。
もちろん情報の正確さが求められる内容がある場合ではしっかりと文章に目を通して伝えることが必要です。
しかし、その部分も何度も声に出して練習します。このような手順で、英語など外国語スピーチの準備が完了したと言えます。

まとめ

英語スピーチができるようになるとそれはビジネスの世界でより強力な武器となります。ポイントは英語で相手の心を動かすことです。ゆえに完璧な英語は求められません。それに英語のメリットは多くの国で話されている言語だということです。英語を母語とする方も日本人英語という姿勢で聞いてくれます。そこでインパクトを残すのは練習で積み上げられたスピーチで間違いなくYour speech can reach their heart!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ディクテーションでライティングとリスニングの力を同時にアップ!

英語学習の継続が難しくなる必要性と成長とは

初めてTOEICを受ける時に知っておくべきこと

英語を使って楽しく外国人とコミュニケーションを取るポイント 

英語を勉強するのが苦痛の人のための勉強を続けるコツ

英語面接者必見!英語面接における一連の流れとお作法