英会話教室のレッスンを無駄にしない5つのポイント

英会話を上達させたくて英会話教室に通っている方。なかなか上達しなくて悩んでいませんか。
残念ながら、英会話教室は、通っているだけでペラペラになれるような魔法の場所ではありません。
高いお金を払って通っているんだから、効率よく英語力を上げたいですよね。
英会話教室に1年通って、英語の上達を実感した私の経験を基に、英会話教室に通う上で、是非気を付けたい5つのポイントをご紹介します。

ポイント1 個別レッスンを選ぶ

一対一は緊張するから、グループレッスンの方が・・・。という方はたくさんいると思います。 グループレッスンは、他の人と一緒にレッスンを受けることで、様々発見や、色々な情報交換ができたり、仲良くなって切磋琢磨して勉強を進められるといったメリットはあります。

ですが、これらは英会話教室以外の場所でできることで、今は、英語勉強用の様々なスマホアプリがありますし、SNSで勉強仲間を見つけることもできます。 また、ほとんどの英会話教室ではレベルに応じたグループに分けられますが、それでも他の生徒さんとのレベルの違いは必ずあります。

レベルの高い低いに関係なく、自分のちょうどいいレベルでないと、レッスンの時間が無駄になりかねません。 英会話教室でしかできないことは、先生と面と向かってする会話です。

ポイント2 予習・復習は必須

予習や復習をするなんて面倒!
・・・わかります。わかりますが、これをすることで上達スピードは全く違います。
先生に質問されても、言葉がうまく出ずに、永遠と沈黙の時間が流れる・・・っていうのは、英会話教室あるあるですよね。

その沈黙の時間が非常にもったいないのです。英会話教室は、どれだけ英語をしゃべる時間を取れたかです。予習をすることで、先生に確認したいことの整理ができますし、復習は言わずもがな記憶の定着のためです。

また、レッスンでの会話の流れを予想し、あらかじめ用意することで、レッスン中の自分の意識を、言葉の組み立てでなく、発音やイントネーションの付け方に向けることができます。

英会話教室は、一人では練習のしにくい発音・イントネーションを練習できる場所です。

ポイント3 恥を捨て、失敗をたくさん経験する

他人との会話、しかも英語でとなると、やはり緊張しますよね。自分の文法・発音が合っているのかが心配で、言葉に出すのをためらってしまう経験はよくあるかと思います。
先生はあなたのことを、英語がしゃべられる人とははじめから思っていません。学びに来ているのですから。

ですから、どんどん発言しましょう。間違っていれば先生は優しく教えてくれます。そして、それを恥じるのではなくて、自分の記憶に定着させるチャンスだと喜びましょう。
どうしても英語がわからなければ、黙るのではなく、日本語でもいいからとにかく言葉を発しましょう。

先生は、無言が一番どうしたらいいかわからず、困ります。日本語でも話してくれれば、何を話したいのか、先生は頑張って考えてくれます。
そして、何でも話して、間違って、にぎやかなレッスンの後の方が、無言の多かったレッスンよりも、数倍楽しいです。

ポイント4 会話を楽しむ

語学の習得には、長い時間が必要です。また、しばらく休憩していると、せっかく積み上げたものが崩れてきてしまいます。
英語学習を継続させる、自分のモチベーションを維持させるには、やはり楽しくなければ難しいです。

上記では、予習復習をするだとか、「勉強する」というようなことが重要であることを述べましたが、楽しみながら勉強するということが一番大切です。
英会話教室では、ネイティブのユニークな先生がたくさんいます。自分との共通点があったりして、純粋に会話を楽しめるような先生が見つけられたらベストです。

ポイント5 イベントを楽しむ

英会話教室によるかと思いますが、その多くはたびたび交流イベントを開催しています。
ポイント4の会話を楽しむに通じることですが、楽しそうなことにはどんどんチャレンジして、英語勉強することを楽しむだけでなく、英語を使ってなにかをすることを楽しむことで、モチベーション維持につながります。

他の生徒さんとのつながりができたり、先生と、いつものレッスンとはまた違った会話を楽しむことができます。
イベントによっては、外国の文化を知るといった、ただ会話だけでないものも多いので、是非語学だけでなく、色々なことに興味を広げたいところです。

まとめ

以上、英会話教室のレッスンを無駄にしないための5つのポイントをご紹介しました。
英会話教室は楽しいです。
もし、行きたい気持ちがあっても、先生と二人きりで話すのが緊張しそうでためらっている人がいれば、まず体験レッスンを受けてみてください。きっと英語で会話する楽しさに気づけると思います。そして、英語を上達させたいという熱意があれば、ご紹介したポイントを押さえれば、間違いなく上達できます。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

TOEICで高得点を取るための英単語の記憶法

Do not take life too seriously. You will...

A Woman never dresses up to impress men,...

「久しぶり!」を伝える英語のフレーズ5選

I was once an adventurer like you; then ...

英検準一級に合格するための勉強法とコツ