リスニング力を上げるための勉強法

英語の勉強においては、多くの学生の方はリーディングは学校や受験でそれなりの文章を読んでいると思いますが、リスニングに関してはTOEICや英検で対応できるほどの量を学習していないと思います。
私の場合もそうで、リーディングは得意でしたがリスニングは中々できるようになりませんでした。

そこで私はリスニングの勉強として、まずは大量の英語を聴くことにしました。教材としては、最初は書店にあるようなリスニング力向上の教材を使用していました。しかし、1冊の本に収録されている音声は限られており、そのうちに文章を暗記してしまい、今一つリスニング力の向上がわかりませんでした。

そこで、ポッドキャストを使用することにしました。ポッドキャストであれば、無料で質の高い英語の音声を聴くことができ、リスニングの勉強に非常に有効です。

初心者におススメのチャンネルは、ESLポッドキャストとVOAです。前者は現在は無料配信をしておりませんが、アーカイブがあるので、そこにある大量のエピソードをダウンロードして聴くことをお勧めします。内容としては会話バージョンと、ナレーターが歴史上の出来事や人物を紹介するイングリッシュカフェというコーナーがあります。

会話の場合は最初に会話が流れ、その後解説をするという形式になっており、単語や表現を解説をしてくれますので、メモやノートをとることで実力がつきます。ポッドキャストはスピードを変えて勉強できますので、慣れないうちはゆっくり聴くといいでしょう。VOAに関しては、ナレーションがゆっくりなので聴き取りやすいです。内容はお堅い政治経済や国際情勢が多いので、少し退屈に感じるかもしれませんが、練習には向いています。

その後私がやった勉強としてシャドーイングがあります。これは、英語の音声が流れた後に続いて、自分で声を出して復唱するというものです。これによりリスニング力がつき、また発音の練習にもなりますので効果的です。ただし、このシャドーイングは想像以上に難しく、音声のスピードをゆっくりにして聴いても追いつけないということもあります。なので、ある程度リスニング力がついてから行うといいでしょう。

その他にリスニング力を上げるために使用したものとして「英語耳」という参考書を使用しました。これは正しい発音を自分でできるようになることで、ネイティブの会話も聴きとれるようにしようというもので、最初は半信半疑で発音練習をしていましたが、意外と効果が高く、TOEICでも高得点をとれるようになりました。

また、聴きとり力を上げるためには、単語をある程度知っている必要があります。聴きとれても単語の意味が分からないと、知っている単語に無理やり置き換えて理解使用としてしまう恐れがあります。「今何て言ってた?」と思うだけで他の会話も聴けなくなってしまいます。これはTOEICなどのリスニング試験において致命的です。
単語の勉強をする際には、音声CD付きのものを買って、発音も理解するようにすれば語彙力とリスニング力を同時にアップさせることができます。

31歳 I・S

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画を使った実用的なイギリス英語の勉強法

TOEIC対策はとにかく過去問をこなすのが一番

英語嫌いには英語の本で勉強!

「とにかく音読!」で、英語感覚を養う

英語の聞き取りの勉強で役に立った方法

英語初心者がやってみた!英語学習アプリ