英語を勉強するのが苦痛の人のための勉強を続けるコツ

英語を学習している方々は、続かないという悩みを抱えている事もあります。学生などはその傾向が顕著ですが、大抵は苦痛感が原因です。

 

自分の意思で楽しんでいると学習を続けやすい

学生が英語を学習する時には、主に2つの状況があります。まず誰かに強制させられていて、続かないというパターンがあるのです。そしてもう1つは、自分の意思で学習しているパターンです。

この2つの状況は、苦痛に関する違いがある事は明らかです。前者のように誰かに強制されてしまいますと、どうしても続かない傾向はあります。自分で学ぶ意思がない状態で学習をしようと思っても、なかなか難しい傾向はあるでしょう。

それよりも、やはり自発的な姿勢です。自分の意思で頑張ってみようという強い気持ちがあるなら、どう考えても英語の学習を継続しやすいでしょう。そもそも英語の学習を楽しめるか否かが、継続性に大きく関わってくるからです。

 

英語を学ぶ楽しさに力を入れている子ども英会話教室

その証拠に、子ども英会話のスクールは続かない事を避ける為の学習スタイルを採用しているのです。そもそも子どもが英語嫌いになってしまう状況だけは、スクールの講師の方々も避けたいと考えています。一旦苦手意識が付いてしまいますと、払拭するのも難しくなってしまうでしょう。もちろん、それでは「続かない」という状態になってしまいます。

ですから子ども英会話のスクールは、まず英語の楽しさを教えていく事からスタートしているのです。まだ子どもですから、集中的に英語の学習を進めようと思っても、苦痛を感じてしまう危険性が高まります。そうではなく、まずは子どもに対して学ぶ楽しさを教えている英会話スクールが圧倒的に多いのです。

 

自発的に学ぶ姿勢を重視している子ども英会話のスクール

そもそも誰かに英語の学習を強制されるスタイルでは、どうしてもそれがハードルになってしまうでしょう。本来なら英語学習で50くらいの知識を覚えられるのに、苦痛感によって30程度にまで限定されてしまう可能性があります。子ども英会話のスクールというのは、そのハードルを取り除いている訳です。そして、それはとても大切な事です。

ご両親の方々としては、小さなお子様に対して、早い段階から英語学習をスタートさせておきたい事もあるでしょう。上記のように、子どもが英語を自発的に学ぶ姿勢を構築してくれる訳ですから、スクールも大いに悪くない選択肢と言えます。

もちろん子ども英会話のスクールによって、指導体制も異なります。スクールは、よく選ぶ方が良いでしょう。

大人が学ぶ時にも楽しむ事は大切

それで上記は子ども英会話の話ですが、大人にとっても全く同じ事が言えます。大人も、三日坊主になってしまう事は意外と多いのです。

肝心なことは、やはり英語を楽しみながら学ぶ姿勢です。苦痛を感じながら英語を学ぶというのは、明らかに精神衛生上の問題があるでしょう。ストレスを抱えながら学習を行っても、力が伸びる程度が限定されてしまう可能性もあります。

そうではなく、やはり楽しみつつ学ぶのが理想的です。一旦英語が好きになれば、自然と力も伸びていく事でしょう。

 

まとめ

子ども英会話のスクールの指導姿勢が示しているように、やはり英語学習は楽しむ事が大切です。自発的に楽しんでいけば、英語力の伸びも早くなると見込めるでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レベル別ライティングの勉強法

外国人と電話で上手くコミュニケーションをとるための5つのポイント

決定版!1日15分で英単語が驚くほど身につく方法

“Good night.” だけじゃない!英語で「おやすみ」を伝えよう

海外転職希望者必見!現地企業での英語面接のポイント

英語学習の継続が難しくなる必要性と成長とは