最低限の英会話フレーズを記憶する為の方法と音読トレーニング

英会話の学習をする時には、最低限の定型フレーズは記憶する必要があります。それにも様々なやり方はありますが、音読は大いに有効です。

 

定形フレーズを覚えておくと楽になる

英会話をする際には、必ずと言って良いほど定形フレーズが存在するのです。例えばI beg your perdon.という表現があります。日本語で言えば「すみません」という意味合いになりますが、英語で会話をする時には頻出するフレーズである事は間違いありません。

こういったフレーズは、やはり覚えておく方が便利です。そもそも日常英会話で使う表現自体は、実はそれほど多くありません。現実には、決まりきった表現が使われている事例が殆どです。

ですから海外旅行に行く前に最低限のフレーズを暗記しておく方が、間違いなく便利なのです。その方が、明らかに会話もスムーズになるでしょう。ですから旅行前に、自学自習を頑張っている方々も少なくありません。

 

定形フレーズを記憶するのは音読が有効

ところで中学校や高校で英語を学ぶ時には、1回や2回は音読の重要性が伝えられている筈です。教科書に掲載されている最低限の表現などは、丸暗記しておきなさいと教えている教師も多いです。そして記憶する為の方法として、音読が提唱されている場合があります。

音読は、確かに有効なのです。最低限の表現を何回も口に出して発音しておくと、自然とそれを記憶できる傾向があるのは、間違いありません。

そもそも口から覚えた定形フレーズは、耳からもすんなり聞き取れる傾向があります。ですから最低限のフレーズを覚えておきたい時には、取りあえず音読はしておくと良いでしょう。CD付きの教材などを書店で購入してきて、何回も音読してみるだけで大きく違ってきます。

 

間違った発音の音読トレーニングは避ける

ところで音読で記憶するなら、注意するべき点もあります。必ず正しい発音で音読を繰り返すべきなのです。

というのも音読でトレーニングを行っている方々は、しばしば間違った発音をしています。和製英語などと表現される事もありますが、日本人独特の発音で英会話の練習をしてしまいますと、悪い癖がついてしまう事もあるのです。

それで残念ながら、和製英語はなかなか相手には通じません。肝心の英会話フレーズが相手に伝わらなければ、現場では使えないでしょう。

ですから、CD付きの教材を採用するのが大切なのです。やはりCDに忠実な発音で、音読をするよう心がけるべきでしょう。できれば最初の内は、草稿を見ない事です。しばらくの間はヒアリングで耳から音声を覚える事に集中し、改めて音読をする方が良いでしょう。

短期でなく長期的に音読を続けるべき

英会話フレーズを音読で覚えるのは、ある意味オーソドックスなやり方ではあります。その反面で、確実な効果が期待できる手法なのも事実です。

ただし音読で記憶するのは、それなりに根気も求められる事にはなります。1週間などで、最低限のフレーズを全て覚えられる訳でもありません。

英会話の学習は、それなりに時間投入も求められます。短期間での成果を期待するというより、長期的に継続するのが大切なのです。三日坊主で終わらせずに、長期的に音読を続けていく事も大切です。

 

まとめ

つまり最低限の英会話のフレーズを覚える為には、まずはCDで何回か音声を聞いてみた上で、音読を行ってみると良いのです。しばらく続けていれば、かなり効果も実感できるでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

英検準一級に合格するための勉強法とコツ

英単語を効率よく覚えるための6つのコツ

初めてTOEICを受ける時に知っておくべきこと

英語を使って楽しく外国人とコミュニケーションを取るポイント 

忙しい人がビジネス英語を学ぶならオンライン英会話 !

英会話の上達に必要なこと