ライティングの苦手意識を払拭する為にはダイアリーが有効!

英語を学んでいる方々は、しばしばライティングに関する苦手意識を抱えています。苦手意識を払拭する為には、書く事を継続するのが大切です。

 

なぜライティングの苦手意識が生じてしまうか

英語には、様々な分野があります。もちろんリスニングやスピーキングも英語の1分野に該当しますが、ライティングもその1つになるのです。

それで英語の学習を始めた方々としては、たまにライティングに関する苦手意識を持っているのです。あまり書き慣れていない方々は、特にその傾向が顕著です。

そもそも英語で何かを書く事自体を、殆ど経験していない方々も居るでしょう。英語での読書や英会話レッスンなどを受けていても、ライティングはあまり実行していないという方々も大変多いです。

つまり書く頻度が少ない事自体が、苦手意識を作り出している原因の1つなのです。書くスキルを高めたいと望むなら、まずは英語を書く事を習慣付ける必要があるでしょう。

英文でダイアリーを書き続けてみる

書く事を習慣づける方法の1つに、例えば英語でのダイアリーがあります。言うまでも無く、ダイアリーとは英語での日記です。まずは、それを継続する事から始めてみると良いでしょう。

上記でも触れた通り、ライティングに苦手意識がある方々としては、そもそも書く事に慣れていません。逆にダイアリーという形式で、自分なりに書く事を継続してみるだけで、随分と意識も変わってくるのです。

ちなみにダイアリーを書く時には、特に文法なども意識する必要はありません。誰も英文添削をしないという前提条件で、取りあえず毎日の出来事を書いてみるスタンスで問題はありません。それを毎日継続していけば、だいぶ苦手意識も払拭される傾向はあります。

ネイティブによる英文添削も受けてみると良い

そしてダイアリーで英語を書く習慣が付いたら、今度は誰かに添削をしてもらうのがおすすめです。客観的な目線で、ライティングを確認してもらう訳です。

例えば英語教室などは、悪くない選択肢と言えます。一部の教室では、ネイティブによる添削サービスも行っているのです。もちろん英文法なども、きちんと添削を行ってくれます。

もちろんダイアリーで、あまり考えずに書き続けていく事も大切です。しかし誰かが客観的に添削をしてくれるだけで、やはり英文法の力などもだいぶ変わってきます。

できれば、ネイティブによって添削された英文の音読なども行っておくと良いでしょう。何回も英文を音読しておけば、だんだんと英文法の力も高まってきます。その添削を継続していけば、ライティング力の向上も期待できるでしょう。

 

自信が付くと苦手意識も無くなる

ネイティブによる添削を受け続けて、だんだんと正しい書き方が分かってくれば、自然とライティングのスキルも高まってくる傾向はあります。そうなると、徐々に自信が付いてくるのです。

そこまでの段階まで達すると、かなり苦手意識も払拭された状態になっている事は、ほぼ間違いありません。自分の力に自信が付けば、堂々と英文も書けるようになるでしょう。後は場数を踏んでいけば、自然と英語で文書を書くスキルも高まっていくのは間違いありません。

まとめ

ライティングの苦手意識をなくす為には、まずダイアリーを書く事から始めると良いでしょう。それと並行して添削を受ければ、かなり状況も変わってくる傾向があります。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

必要最低限の英単語を覚えていく方法

決定版!1日15分で英単語が驚くほど身につく方法

TOEIC活用法 |TOEICと他の英語資格との違い

難しく考える必要はなし!覚えておきたい英語でのコミュニケーション方法

本当に聞き取れる!みるみるうちにリスニング力が付く5メソッド

You made my day. |格好いい英語フレーズ