英語のスピーキングを伸ばす勉強法

日本人に共通の問題としてよく耳にするのが、聞くことはできるけれど話すことができないだと思います。これは誰しもが思っていることではないでしょうか。ではなぜ日本人は話すことができないのでしょう。

一番大きな問題は、圧倒的に話す機会が日本では少ないということです。また、高校受験や大学受験においても、リスニングやリーディング重視で、スピーキングのテストがあるのは、一般的には英語に関する学科だけではないでしょうか。

ただ、会話は二人で行うものであるためなかなか、一人で勉強することは難しいと思います。そこで私が実際に行った勉強方法をご紹介します。まず一つ目ですが、会話をする上で最低限必要なのは単語力です。文法ももちろん大事ですが、文法が少しばかり間違っていても、単語の意味さえあっていればなんだかんだ通じるものです。

実際に外人と会話する上で必要なのは、話そうという意志です。単語を連呼するだけでもいいのです。ただ黙っているではなく単語だけを並べるだけで構いません。しかし、それには単語力が欠かせません、ですので、単語帳をまず一冊購入しましょう。単語帳にのっているのはだいたい日常会話等でよく使用する頻出単語です。一冊全て覚えるだけで、簡単な日常会話はできるようになります。

二つ目に、単語帳には単語と一緒に、その単語を用いて作った簡単な一文があります。それも一緒に朗読して単語になれるようにしましょう。何度も朗読するだけで、その単語にかなり親しみを持つことができますし、また英語を話す時に詰まらずスラスラ言える練習にもなります。単語だけで覚えるのではなく、その単語のセンテンスの中での位置や、使用方法もまた覚えておくと、次に会話の中でその単語をスムーズに使うことができます。

三つ目ですが、自分でその新しく覚えた単語を用いてオリジナルのセンテンスをつくってみましょう。実際に会話はテンポが大切です。紙に一度センテンスを描いてから、一度頭の中でセンテンスをつくってから話すのでは遅すぎます。日本語で会話するときもいちいちセンテンスをつくってから話してはいないですよね。この能力はどれだけ英語で会話するかです。もちろんはじめのうちは、思うようにセンテンスを作ることができないかもしれません、しかし積み重ねて行くことで、自然と自分ですらすらセンテンスを作れるようになります。

まずは、自分で声に出して簡単なセンテンスから作成して行きましょう。ラストですが、やはり実際に外人と会話をすることが一番の伸びます。なかなか、日本にいると外人と出会う機会は少ないかもしれませんが、最近ではオンラインで英会話レッスンを手軽に行うことができます。また、価格もかなり安く、スケジュールも自分にあった曜日や時間帯で決めることができるので、効率よく英語を学ぶことができます。

インプット、アウトプットこの繰り返しが着実に英語力の成長に繋がります。覚えた単語を実際にアウトプットすれば、その単語はすぐに自分のものになるでしょう。英語が話せるようになれば、英語の学習自体もかなり楽しくなるはずです。途中で投げ出さずにコツコツやって行きましょう。

K.M

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

TOEICのスコアを700点代へあげるには

英検対策!覚えなくてはいけない単語を確実に覚えていく勉強法

映画で楽しく英会話の勉強

英語嫌いには英語の本で勉強!

オンライン英会話スクールで会話力を向上!

英語は楽しみながら学ぼう!