英検対策!覚えなくてはいけない単語を確実に覚えていく勉強法

こんな言葉を聞いたことがおありでしょうか?
「1日に5単語覚えれば、1ヶ月後には150単語覚えたことになる」
きっと、本気で外国語を勉強しておられる方なら一度は、誰かがこう言っていたのを聞いたことがあるでしょう。

この言葉を信じて1日5単語の勉強を始めた方もいらっしゃるかもしれません。
しかしこの方法、本当に効果的なのでしょうか?
わたしを含む多くの経験者はこう言います。「全然覚えられない」と。
なぜでしょうか、少し考えてみましょう。

仮にこの暗記法を毎日続けて30日経ったとします。
5単語×30日なので理論上150単語覚えたはずです。
でも、本当に150単語全て覚えているのでしょうか?

答えはNOです。恐らく、記憶力の良い方でも100単語も覚えていないことでしょう。
そもそも1日目、2日目の記憶などこれっぽっちも残っていないかもしれません。
そうです、この方法、理にかなっているようで実は効率が悪いのです。
それに気づいたわたしは、これでは効率が悪いと思い、まったく逆のアプローチで単語を覚えることにしました。

そのアプローチとは「毎日同じ150単語を1ヶ月復習し続ける」というものです。
4年ほど前、英検2級取得を目指していたわたしは以下の方法で試してみました。
まず1日目、英検2級の頻出単語集から覚えていない150単語をノートに書きます。
そして2日目以降、1日目に書き出したのと同じ150単語全てを意味ごと別のノートに書き写します。

それを30日間毎日ずーっと続けます。
すると、どうでしょうか。
勉強した単語の数は1日に5単語勉強した時と全く同じ、150単語です。
しかし、この方法を使って記憶した場合、復習を続けた150単語すべてを記憶することができました。

そうです、この方法は1日5単語勉強し続けるよりはるかに効率が良いのです。
なぜでしょうか。
一般的に人間の脳は、一度見聞きしたり勉強したりしただけでは記憶しないと言われています。
わたしたちは毎日多くの情報を脳で処理していますので、たった一度だけで何かを深く記憶することはできないのです。

ですから、何かを深く記憶にとどめたいのであれば、それを何度も何度も復習し続ける必要があるのです。
1日5単語の暗記法は、この「復習」という側面が抜けています。
1日に5単語、次の日は別の5単語、次の日はさらに別の5単語…と続けていく内に最初の5単語は深く脳に留まらず、結局忘れてしまうのです。

では毎日150単語の暗記法はどうでしょうか?
毎日の量が膨大ですので、気後れするかもしれません。
しかしそれを30日間毎日復習をし続けるので、少しずつでも確実に脳に刻み込まれていきます。

恐らく、20日を過ぎたくらいで150単語のほぼすべての意味を記憶できているでしょう。残りの10日で記憶をより確固としたものにします。
結果、150単語をしっかり記憶することができ、しかも忘れづらくすることができます。

わたしはこの方法で勉強をし続け、英検2級の筆記試験を正答率90%超でパスしました。
この勉強を始めるまでは正答率50%ほどでしたので、大躍進と言えます。

毎日コツコツ勉強するのが得意な人、毎日同じことを飽きずにできる人におすすめです。
もしコツコツ系が苦手だったとしても、是非一度試してみてください。
一度この効率の良さを経験すると、別の方法で単語の暗記ができなくなるほどです。

24歳 Y.S.

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

英語初心者がやってみた!英語学習アプリ

高校英語はまず英文法!

シャドーイングは究極の英語勉強法

大学受験の時に使っていた効率的・効果的な英語の勉強法

オンライン英会話スクールで会話力を向上!

耳を鍛えるリスニング方法