高校英語はまず英文法!

中学時代に英語が得意だった方は少なくないでしょう。

英語が苦手な方には中学英語でさえ苦痛なはずです。
ましてや高校英語なんて。。。と多くの苦手な方は思われるでしょう。

しかし、中学で英語が得意で、得点源だった人でさえ高校英語でつまずく人はとても多いです。私は県でトップの進学校に通っていましたが、周りの人たちの多くが英語に苦戦していました。その理由は簡単です。高校英語は難しいのです。いや、正しく言えば決して難解なものではありません。

ではなぜ多くの高校生が英語に苦しんでいるのか。それは、正しい文法等の理解がないまま、ただ漫然と英語を勉強しているから。中学時代はアルファベットから始まって、「This is a pen.」を覚え、せいぜい関係代名詞ぐらいまでしか習わなくても、ほとんどの人が大丈夫であった。そんな英語が、高校に入ったとたんに、SVOだの自動詞・他動詞、仮定法、そして様々な構文など一気に難易度が上がってしまう。この差に多くの高校生がノックアウトされてしまうのです。

ではどうすればいいのか。それは英語をフィーリングではなく、論理的に勉強することです。そのために欠かせないものが何と言っても文法です。しかし多くの高校生は文法を毛嫌いする傾向があります。私の周りもそうでした。確かに文法を勉強するにあたっては、覚えるべきことがたくさんあったり、多少なりとも難しいものがあります。

しかし、これらさえ乗り越えてしまえば英語が一気に得意になります。ですから今回は文法の勉強法について書いていこうと思います。文法を勉強するにあたって最低限必要なものは文法書です。これは簡単なもので構いません。多くの高校生の方々は学校から配布されていることでしょう。まずは単元ずつでいいので読んで、一つずつ丁寧に理解していきましょう。このとき、英文を音読しながらだと効果は上がります。

なんとなく分かるではなく、人に説明できるぐらいまで理解することが大切です。解説をじっくり読むことがポイントです。私も文法がイマイチ理解できなかったときは、解説をとにかく読んでいました。そして単元をどんどん進めていきます。進むにつれて次第に内容が難しくなっていくでしょう。しかしこれは、それまでの単元をしっかり理解していれば難易度は下がります。

そして一通り文法を理解したら、次はそのインプットしたものをアウトプットしていきます。簡単な文法問題を何度も繰り返し解いて、定着させます。そして最終ステップとして、ある程度長い英文を読んでみましょう。長文は言ってみれば文法のカタマリです。実際の使われ方などに触れることで、英語力はグンと伸びます。ぜひ、この勉強法で英語に取り組んでみてください。

19歳 SO

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

10000語~15000語レベルの英単語習得のための勉強法

「とにかく音読!」で、英語感覚を養う

基礎力+αの方に向けた翻訳のための英語の勉強法

グラマーの勉強は中高の教科書で充分!

好きなハリウッドスターを見つけて英語力アップ

英語を勉強するなら繰り返しが大事