TOEICの効果的な勉強方法をご紹介します。

今から私がTOEICの点数を上げる方法を伝授していきたいと思います。この体験談は決して古いものではなく1年前の最新の体験です。私は1年前に専門学校に通っていて、その学校では英語力を定期的にチェックをするため、学校内で定期的にTOEICテスト、厳密には1カ月おきに行われていました。

一番最初に入学した際受験したテストはIPテストという本試験の過去問を使いまわしているテストを受験したところ、270点でした。高校生のときには英語力に自信があり、定期テストでもよい成績を収めていましたが実際に噂のTOEICを受けてみたらこのありさまです。そもそも初受験の時は一切勉強をしておりませんでした。テストの構成もわからなければ、時間配分も全くわかりませんでした。

そんな私が現在2年間かけて740点に伸びた秘訣は2つあると考えています。1つ目が「公式問題集」、「単語帳」、「文法」を学習するという方法です。

いたってシンプルですが、まずTOEICをゲームだと考えてみましょう。皆さんもゲームをクリアする際は何かしら途中で武器を見つけたり、レベルアップしたりして試行錯誤しながら最終的には目的地にたどり着くというのが普通だと思います。

TOEICも基本的にこれと同じです。TOEICによく出題される単語、文法を押さえていなければ、何度受験しても点数が変わらないというのが私の経験です。私はこれまで公開テストを含めると累計26回の受験経験があります。その経験を基に話すとやはりこれらは絶対にスコアアップに不可欠な要素です。

単語力や文法力がなければリスニングでも全く聞き取れませんし、リーディングでも文章もまともに読めず理解ができません。文法と単語は簡単に言うとなぞなぞを解くためのカギだと思ってもらえればわかりやすいかもしれません。単語や文法を知っていれば知っているほど点数が高く出やすく、力も発揮しやすいといえます。武器を持たずに本試験に臨むのは危険ですので、これから勉強を始める方はまず上記に関連した参考書を購入してみてください。

そして2つ目がどれだけTOEICの勉強に時間を費やしたかが重要です。確かに、ある程度文法や単語を覚えるとスコアは徐々に上がっていきますが、勉強時間が少ないとある一定の点数でスコアが伸びなくなります。いわゆるスランプです。これは日々の勉強時間が足りていないということがいえます。どのくらい勉強すればいいのか、これはその人の所持しているスコアによって変わってきます。

例えば、現在600点の人が700点まで上げたい場合、毎日2時間くらいをベースに学習していけば時間はかかりますが間違いなく上がります。そして、点数が伸び悩んで落ち込む人も多くいますが、その時マイナスに考えないことが重要です。いくら単語や文法を覚えても点数が上がらない場合は時間が足りないということですので今の学習時間を爆発的に増やして勉強してみてください。きっと一気に点数が上がりますよ。

21歳 R.T

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NHK英語講座がで英語力アップ!

グラマーの勉強は中高の教科書で充分!

大学受験の勉強法|前置詞の意味を覚える

好きなハリウッドスターを見つけて英語力アップ

楽しみながら英会話!英語がまったく話せなかった私の英語勉強方法

映画で楽しく英会話の勉強