TOEIC900点を取るまでの勉強法

私は高校生の時、私立文系で大学受験をしましたが、現役の頃は英語が全くできずに浪人しました。しかし浪人後、英語の勉強についての感覚をつかみ、得意科目になりました。現在は主にTOEICやIELTSを受検しておりますが、勉強法について紹介していきます。

まず単語については、大学受験時代に身に付けた方法を現在も踏襲し、①単語帳を使う②文章を読む中で覚えていくというスタイルをとっています。単語帳があれば、TOEICなどの試験に頻出のものがまとまっているので、効率的に覚えることができます。朝の時間を利用したり、電車の中、会社の昼休みなどの空いた時間に単語帳をみて覚えるという形をとっています。どうしても暗記できないものについてはチェックを付け、何回も目に通すようにしています。それでも覚えられない場合には、例文と合わせて覚えるという様にします。

文法については、TOEICの文法は基本的な内容しか問われません。単語の名詞形、副詞系などの形を覚えてしまえば簡単に解けます。未知の単語が出てきた場合でも、文法の基礎さえしっかりしていれば問題文を全部読まずに解答できますので、時間の短縮につながります。基本的な語法も覚えてしまえば問題を全部読まないで解くことができます。

英文の勉強については、現在はスマホアプリを使用して勉強しています。ポリグロッツというアプリですが、基本的に無料で使用することができます。このアプリのいいところは、様々なジャンルのニュースを英語で読むことができ、わからない単語をタップすれば意味が出て、ブックマークでき、自分だけの単語帳を作ることができます。

また、スラッシュを文につけることができ、前置詞の前で区切って読むことができますので、英文を読むコツをつかむこともできます。簡単なレベルから難しい専門的なレベルまで幅広く記事があり、音声が聴ける記事や、日本語訳のある記事もあります。

リスニングについては、現在は主にポッドキャストを利用しています。ポッドキャストについても無料で質の高いコンテンツを聴くことができますので、利用することをお勧めします。私の場合はアメリカ英語とイギリス英語を聴き分けるようにしており、アメリカ英語用としてCNNを、イギリス英語用としてBBCを聴いています。

ニュース以外でも外国人がの対話形式のチャンネルを聴いたりと、リラックスしながら聴けるチャンネルも多いので、あまり勉強をしているという意識を持たないで聴くことも心がけています。

ポッドキャストの良い点は、倍速で音声を聴くことができるという点にあると思います。1.5倍と2倍、また0.5倍速でも聴くことができますので、リスニングに自信が出てきたら速く聴き、自身がない場合には遅く聴くことで耳を慣らすことができます。

私の場合は、完全に聴き取れなくても普段からCNNなどを2倍速で聴くようにしています。普段から速い英語を聴くことで、本番がゆっくりに感じますので、ある程度スコアが取れるようになったらこの手法を使うことをお勧めします。

私はこの方法で、公式の問題集を使用しなくとも900点以上(910点)を取得することができ、どれだけ出来が悪くても860点を下回ることはありません。
TOEICは回数をこなせば感覚をつかめますので、上記の勉強法を参考にすれば、公式問題集も特に必要ないと考えています。

31歳 I・S

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

英語初心者がやってみた!英語学習アプリ

お金をかけずにスピーキングの勉強

大学受験の英語勉強法|パラグラフリーディング

単語の暗記が英語の最短勉強法!

TOEICのスコアを700点代へあげるには

英検2級合格への道