その時々に合った英語の勉強法を見つける

私は以前、海外旅行に行った時に、英語が上手く伝わらないことで、トラブルになりかけたことがありました。
そこで、帰国してからは英語を1から勉強しようと思いました。

しかし、独学だけでは英語を上達させることができないと思い、英会話学校で英語を学ぶことにしました。
5年くらい前まで英会話学校に通っていましたが、レベルは日常会話がほぼスムーズにできるくらいまでに上達することができました。

英会話学校で英語を学ぶメリットは多く、ほとんど英語ができなかった私も、英語をほぼ強制的に続けたおかげで、何とか日常会話程度まで上達できたことは本当に良かったと思っています。

さらに、同じ目的で英会話学校に来ている人たちと知り合うことができました。
年齢も職業も違う人たちと知り合うことは、普段の生活をしていてはできないことです。

英語の勉強は大変なこともありましたが、それを頑張れる環境に身を置けたことは本当に良かったと思っています。

逆にデメリットだと思ったことは、やはり授業料がかなりかかることです。
週に1回程度のレッスンでも、月に1万円以上かかってしまいます。

しかし、週に1度のペースではあまり英語を上達させることはできません。
そのため、レベルが低い段階ではもっと多く通うことが必要です。

ある程度英語ができるようになってきたところで、通う回数を徐々に減らしていきました。
今のレベルを維持できる程度のレッスンを受けていました。

英会話学校だけではやはり英語は上達しなかったと思います。
自宅では復習を中心に行い、さらにTOEICの問題集も勉強しました。
TOEICは実際には受験しませんでしたが、英語のスキルを上げるためには良い教材だったと思います。

今ではテレビを中心に英語の勉強をしています。
さらに生きた英語を習得するために、英語講座を試聴したり、海外ドラマやアニメなどを英語放送の日本語字幕付きで見るようにしています。

この方法は楽しみながら英語を習得していけるので、今の自分には合っていると思いますし、気に行っています。
さらに洋楽は以前から好きで、このおかげでリスニング力が付いたと思っています。

これからも使える英語を身につけるために、なるべく実践に近い方法で学んでいきたいと思っています。
英語は外国語ですが、できれば日本語のような感覚で使いこなせるようになりたいと思っています。

これからの社会はますます英語が使えて当たり前になっていくと思います。
しかし、丸暗記するだけの英語の勉強では長続きしないどころか、逆に嫌いになってしまうと思います。

以前、英語を使う仕事の就職試験に臨んだことがありました。
実際の英語の試験が予想をはるかに上回る難しい内容で、ほとんどできずにそれがトラウマになってしまったことがありました。

やはり、強制的に英語を覚えようとすると、あとでその反動が来てしまうものです。
私にとっての英語は仕事としてよりも、他の仕事を進めるためのツールの一つにしたほうが良さそうです。

ちょうどパソコンを仕事で使うのと、同じような感覚かもしれません。
その為、自分なりの英語の活用方法をきちんと見極め、自然に英語が使いこなせるような工夫をしていきたいと思っています。

50歳・SF

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

TOEIC 800点を取るために必要なこと

基礎力+αの方に向けた翻訳のための英語の勉強法

英語初心者がやってみた!英語学習アプリ

中学英語を徹底して総復習!小冊子の英語読本を辞書を引かずに多読

英語を話せるようになるにはアウトプットが重要!

TOEIC750点を越えるための勉強法