海外転職希望者必見!現地企業での英語面接のポイント

日本国外にて、海外に拠点を置く日系又は外資企業への面接は英語面接が必須又は、英語面接のみというのが通常です。
特に、就職の流れも大きく違い、応募する際も企業に応募する日本と違い、職種に応募するという流れの海外では
自身のアピールは重要です。日本語での面接との大きな違いと気を付けたい点をまとめました。

 

全体の構成

相手があっての面接ですが、受ける前の心構えとして全体の構成を自分なりに考えておくことが大事です。
英語での面接の場合、多いのが挨拶から始まり着席後自己紹介を求められることが多く
その後に面接に来た趣旨、いわゆる応募した職業・職種に関する理解度や知識等を聞かれます。
その際に、どのような印象を持っているかなども含めて聞かれることもあることを覚えておきましょう。
そして、よくある質問としてあなたがどのように貢献していけるか、なぜ沢山いる応募者の中からあなたを選ぶべきなのかなどを聞かれることも多いです。
最後に質問があるかどうか聞かれることが多いので、その場で気になることは聞いておきましょう。

 

自身の伝えたいこと

全体の構成の中で聞かれる全てのことに対しての共通点ですが、自分が伝えたいことを明確に的確に述べることが重要です。
日本語であると遠回しに漠然と当たり障りなく伝えるのが良いとされがちですが、英語の場合ははっきりと伝えます。
ネガティブな部分もあるのであればしっかり伝えたうえでしかしながらと繋げポジティブな部分を合わせて述べるとスマートです。
また、長すぎる分かりにくい説明は印象が悪いのでシンプルスマートな受け答えを心がけてください。

 

話すスピードとボリューム

日本語と違い緊張しやすいため話すスピードが速すぎたり、声が小さくなってしまいがちですが
はっきりとゆっくり聞き取りやすいボリュームで話しましょう。
スピードとボリュームは自分だけの判断では難しいので、人に聞いてもらったり
自分でレコードして聞いてみたりすると適度なボリュームとスピードに慣れていきます。
これをすることによって英語の発音のチェックや文全体の抑揚のつけ方の練習にもなり
より自然な英会話ができるようになります。

 

アイコンタクトとボディーランゲージ

英語で話す際のアイコンタクトやボディーランゲージは日本語の場合と違いしっかりと相手の目を見て話し
抑揚をつける際にボディーランゲージは欠かせません。これは英語特有なものであり、日本語を話す際に行うとあまりいい印象ではありません。
普段やらないことですのでこれも、誰かに相手になってもらい練習しておきましょう。
アイコンタクトも相手をじっと見つめるというわけでなく、目でも相手と会話をするという感覚で行います。
ボディーランゲージは、ネットなどでネイティブの方の話している際のボディーランゲージを真似てみましょう。

 

あくまでも会話であること

私たち日本人にとって英語とは会話をするツールであることを忘れてしまうことが多々あります。
受験やテストなどのために勉強するからです。その癖が出ないように、英語の面接の際気を付けましょう。
あくまでも、相手のことを知る、自分のことを知ってもらうためのコミュニケーションツールなので
一方的に覚えてきた文を述べるのではなく相手の発言を聞いて臨機応変に会話をして行きましょう。
そのためにも、ランダムなトピックの英会話を日頃から練習しておくことをおすすめします。

 

まとめ

日本語でも緊張してしまう面接ですが、英語での面接は色々な意味でカジュアルな場合が多いです。
日本語での面接のように、規律などに重きを置きすぎるというよりは、どのような自己アピールが出来て自分を持っているかが重要となります。
勿論、規律も大事ですが自己アピールや簡潔に自分の考えを相手に伝えられない場合、仕事を任せることが出来るだろうか。
自分の意見を相手としっかり話し合える人材なのだろうかとマイナス印象になります。
面接前の準備として、自分の強みや弱みや応募する理由などシンプルに英単語でまとめて
アドリブで説明できるように練習しておきましょう。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

最低限の基礎レベルの英語力を教科書で学ぶ

ライティングの苦手意識を払拭する為にはダイアリーが有効!

英語面接者必見!英語面接における一連の流れとお作法

最低限の英会話フレーズを記憶する為の方法と音読トレーニング

I was once an adventurer like you; then ...

英語スピーチの極意とは?