英語学習の継続が難しくなる必要性と成長とは

英語の学習をしている方々は、継続性で悩んでいる事があります。続かないからです。それには主に2つ理由があって、必要性と成長の度合いです。

 

英語の学習に大きく関わってくるmotivation

多くの方々は、英語の学習は必要である事は何となく分かっています。受験勉強などで英語が出題されるので、学習を行っている方々も多いです。

ところが、肝心の学習のmotivationが出てこない事もあるのです。言うまでも無く、motivationは極めて大切です。

そもそも仕事でも、まずモチベーションがあるかどうかが一番大きなポイントになるでしょう。やる気がなければ、なかなか仕事もはかどりません。もちろん英語の学習でも、それが大きなポイントになってくるのです。

そして英語の学習は、やはり継続性が大切です。いわゆる三日坊主になっている方々も多いですが、何とかそれは改善する必要はあるでしょう。その際に、2つの点をよく考える必要があります。

 

英語学習の必要性が曖昧なので継続できない

まず1点目ですが、必要性を強く感じているか否かです。そもそも最終的にはどういう理由で英語を学ぶべきなのかは、きちんと自分なりに結論付けておくべきでしょう。

学校で出題されるとは言っても、それだけでは大きな必要性を感じられない事もあります。将来的に何となく英語が必要であると思っていても、それはあくまでも「何となく」のレベルなのです。本当にそれが必要かどうか実感できないので、なかなか英語学習を継続できないという話も少なくありません。

ですから、学習の「意義」や「目的」というものを明確にしておくべきでしょう。そもそも目的が分からない状態では、継続が難しいのも当然です。果たしてどういう必要性があるかも自分なりに調べて、きちんと結論付けてから学習に臨む方が良いでしょう。

 

成長しているかどうか不明なので継続できない

英語学習が継続できない理由は、もう1つあります。成長を実感できないからです。

確かに学習を進めていけば、それなりに成長は可能ではあります。しかしその成長が、なかなか自分でも分からない事も多いのです。成長の度合いが曖昧な状況では、確かにモチベーションも沸かないのが自然でしょう。

このため、例えばTOEICなどの手段があります。TOEICでは客観的なスコアが分かりますから、成長しているかどうかも見えてくるのです。

それとオンライン英会話なども大いに有効です。いつでもネイティブと話せるそのシステムでしたら、成長度合いも何となく分かります。こういう客観的な手段で、たまに自分の成長度合いを確認してみるのも悪くないでしょう。

方法論も大切だが必要性は更に重要

このように成長と必要性という2つの理由で、なかなか学習が継続できない傾向がある訳です。特に後者の必要性は、極めて大切です。

やはり意義を理解しておかない事には、肝心のmotivationが出てきません。いくら適切な英語学習の方法論を知っていても、motivationが低い状態では継続できないのが当然でしょう。

学習の方法論を知ることは、確かに大切です。しかしそれ以前に、まず英語を何の為に学ぶかをしっかり自分なりにまとめておく方が良いでしょう。

 

まとめ

英語の力が伸びるかどうかも、最終的にはmotivationと成長の実感次第なのは間違いありません。英語学習の意義をじっくり考えて、まずは結論を出す事からスタートしてみると良いでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

外国人と電話で上手くコミュニケーションをとるための5つのポイント

英語スピーチの極意とは?

英語のリスニングを継続するためにはモバイルツールが有効!

「行ってきます」「ただいま」は英語で何て言う?

英語の発音を劇的に上達させる5つのポイント

Do not take life too seriously. You will...