英語学習のための適切な教材の選定方法とは

英語の学習をするなら、もちろん何らかの教材は使うことになります。そして適切な物をよく選んでおく必要があります。

 

様々な種類の教材から適切な物を選定する

何か理由があって英語を学ぶなら、まずは教材選びからスタートする事にはなります。そして、その選定が極めて大切なのは間違いありません。

そもそも英語の教材と言っても、様々な種類はあるでしょう。TOEICに特化した教材もあれば、音楽英語などもありますし、受験英語もあるのです。そうかと思えばかなり古い時代に書かれた英語の書籍もありますし、もちろん教科書やニュース英語などもあります。

このように多彩な種類が存在する訳ですが、少なくとも適切な物を選定するべきでしょう。教材選びを間違えてしまいますと、学習効率が悪くなってしまう事も多いので、注意が必要です。基本的には最近に刊行された教材を選んでおくのが無難な傾向があります。

 

音楽とニュースという教材の難点

それでよく教材選びの候補になるのは、音楽とニュース英語です。特に前者に興味を持っている方々は多いです。音楽好きな方々などは、ミュージックを通じて学びたい事もあるでしょう。

しかし上記2つの教材は、いずれも不適切です。なぜなら文体に難があるからです。

まず前者の音楽ですが、そもそも韻が踏まれているのが難点です。叙情的な表現になっている事が多く、日常英会話の教材としては、やや不向きな一面があります。日本語での歌詞を黙読してみると、それを深く実感できる筈です。

それとニュース英語も、やはり文体に難があります。確かに最新の英語に接する事はできますが、必ずしも日常英会話で役立つ表現が含まれているとは限りません。

 

余りにも古い教材も良くない

それともう1つ軽視できないポイントがあって、いつの時代に刊行された書籍であるかが大切なのです。極端に古い文体の書籍などは、やはり避ける方が良いでしょう。

英語というのは、だいたい16世紀頃に登場した言語になります。ですから、当然16世紀頃に執筆された書籍もある訳です。

しかし16世紀というのは、どう考えても古い時代なのは明らかでしょう。確かにそれで英語を学習しても、そこそこ実力は伸びます。

ですが16世紀は、日本では古典扱いになります。あまり古い英語ですと、いざ英語で会話をする時に、相手が違和感を覚えてしまう可能性もあるのです。ですから教材が新しいか否かも、英語学習のポイントの1つになるのは間違いないでしょう。

英語の学習に適切な教材も沢山ある

その逆に、適切な教材も沢山あります。例えば最近に執筆された英語小説などは、大いにおすすめです。特にCD収録された現代小説あたりは、おすすめ教材と言えます。

その他にも、最近に刊行されている英会話教材なども悪くありません。多くの方々から好評な英会話教材などは、十分に役立つでしょう。

このように教材には、適切な物とそうでない物がある訳です。学習効率を考慮すれば、やはり前者を選ぶべきでしょう。特に刊行時期などは、注意が必要です。

 

まとめ

やはり英語学習をするにしても、教材は良い物を選んでおくに越した事はありません。現代小説や英会話教材あたりで検討してみると良いでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

決定版!1日15分で英単語が驚くほど身につく方法

次に会えるのはいつか分からない相手に使える「さようなら」の英語フレーズ

英語アプリで学習の効率性と継続性がアップ!

TGIF |格好いい英語フレーズ

リスニング力が劇的にアップするトレーニング法5選

TOEICで高得点を取るための英単語の記憶法