英会話の上達に必要なこと

近年、英語を見ない日は仕事においてもプライベートにおいても無いと言っていいほど英語が日本の社会に深く浸透してきています。その中で、英語の読み書きはできるし、外国人が英語を話しているのを聞いて、なんとなく意味はわかるけど受け答えが全くできない、言葉がでてこない、等の悩みを抱えている人が多く存在しています。

英語が喋れるようになりたいという人が多くいるのにもかかわらず、その第一歩を踏み出すことが難しいのが現状なので、少しでもその役に立つことをこれから書いていきたいと思います。

興味があることなら覚えやすい

人はそれぞれ違った趣味、趣向があり、興味があるものほど頭に入ってきやすいものです。例えば、好きな外国のバンドがあって、その歌詞なら他に比べて覚える意欲もわきやすく、ゴルフが好きならば中継を英語で聞くこともさほど苦痛にはならないはずです。

好きな本があれば英語版を読んで見たいだとか、とにかく自分の興味があるものを少しでも英語でトライしてみることは英会話の上達においてとても大切なことです。

その中で、日々発見があるはずです。これはこうやって英語では言うんだ!とかこれは英語でなんていうのかな?など自分から積極的に考えやすいという面で、興味があることに英語で取り組むことは、とても大切です。英会話は、経験値が高ければ高いほど早く上達するからです。

言語の違いを理解する

まず、日本語と英語は大きく違う言語であると認識することはとても大切です。なので、日本語から英語に訳すようにして喋るのではなく、英語で考えて英語で話せるようになるのが理想的です。

よく、留学生は英語で夢を見るようになればだいぶ英語になれた証拠、といいますが、それは本当にその通りです。なので、英語を勉強する際には日本語だったらこうなのにな、、とは考えず、英語なりのニュアンスの出し方、言葉の意味を受け入れるように勉強しましょう。

実際に声に出してみる

英単語を多く覚えることは本当に重要なことですが、それだけでは英会話はできません。英語にあって日本語にないもののひとつに、アクセントがあります。日本語にも同音異義語は存在しますが、英語の場合、アクセントが違うだけで聞こえ方は全く変わってきます。

また、発音する際に強調すべき音も英語では大事になるので、新しい英単語に出会ったときには、必ず、その単語を発音し、英語圏の人に伝わるようになるまで練習することが大切です。

恥ずかしがらずに質問をする

留学生の中でも英語でわからないことが多いので日本人の輪に入って留学生活を終える人が多数います。これでは何の意味もありません。例えば日本に外国人が来ていて、これは日本語でなんていうのかな?とあなたが質問されたらうっとおしく感じますか?

きっと、それはこうだよと教えてあげる人が多いとおもいます。これはどこの国でもそうなので、また質問したら迷惑かな?と思わずにわからないことがあるたびに質問しましょう。その質問でさえ、英会話の練習になっているのですから。

めげずに根気よく学ぶ

英語を勉強しはじめて、英会話が日常会話レベルにできるようになるまでを短期間で望む人が多すぎるように思えます。いつだって逆の立場で考えて見てください。日本語がペラペラな外国人がいたら驚きますよね?アメリカ人だって日本人がペラペラと英語をしゃべっていたら驚きます。

言語はそんなに簡単に身につくものではありません。トライアンドエラーを繰り返し、時には恥ずかしい間違いをしてしまうこともありますが、めげずに負けないぞ!と思いながら根気よく勉強してください。

まとめ

最後に、何が1番大切かというと英語を頻繁に使う環境を自ら整え、積極的に学ぶ姿勢が英会話を上達させます。現実的に外国人が周りにいないことも多くあると思いますので、そういう場合は英語でニュースを見てみるなど、いくらでも日常生活に英語を取り入れる方法はあります。スマートフォンを英語で使ってみるのも有効です。

また、わからないことは面倒くさがらずにその都度調べましょう。だれもまじめに勉強しているあなたを見て笑わないはずです。 根気よく、できれば楽しみながら学んでください。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

海外転職希望者必見!現地企業での英語面接のポイント

忙しい人がビジネス英語を学ぶならオンライン英会話 !

Leave it to me./Leave it with me. |格好いい英...

本当に聞き取れる!みるみるうちにリスニング力が付く5メソッド

ディクテーションでライティングとリスニングの力を同時にアップ!

パワーポイントで英語プレゼンを行う時に心がけること