フィリピン留学のメリット(アフター5編 )|フィリピン留学とその効果(第6話)

フィリピン留学でのメリットにアフターファイブの充実が挙げられます。フィリピンの魅力を少しここではお伝えしましょう。実はフィリピンにはマクドナルドを上回る人気のファーストフード店があることをご存知でしょうか。その名もJOLIBEEと言います。蜂の絵がトレドマークのこのお店。フィリピン人のソウルフードとも言われております。

今ではアメリカにも進出する超優良企業。メニューはハンバーガーやパスタと言ったどこにでもある様なメニューなのですが、特徴はそのソースの味に秘められています。これはこのJOLIBEEに限らず、他のフィリピン料理にも言えるのですが、とーーっても甘い甘い味で仕上げられているのです。アメリカの影響を受けているからか否か、例えばチョコレートケーキを取ってみると砂糖の塊の様な味をしています(笑)。この他に遊びに行くのでしたらカジノがお勧めです。

フィリピンはカジノが合法で各所にあります。レートも他の国と比べると低い値から始められますので皆さんも是非足を運んでみてください。カジノでの楽しみ方は色々あるのですが、ここは食事がタダで出来るところもあり、また音楽の生演奏を披露してくれる場所もあります。皆さん、思い思いに楽しんでいる場所です。

この他にお勧めは韓国料理。特にサムギョプサル屋さんが安くて美味しいと思います。なぜフィリピンで韓国料理?とお思いでしょうが実は留学生の数も日本の10倍以上が韓国人であると言われています。韓国の英語学習熱は異常と言われるほどで、中学生から夏休み1ヶ月かけて合宿参加等も当たりませに行われているからです。

そんな本国からの訪問者の舌を唸らせるためには生半可なものを出すことは出来ない。結果、おいしいサムギョプサルも食べることが出来るというわけです。ビールもついて一人1000円もあれば充分であった記憶があります。そしてもう一か所お勧めは、クラブです。フィリピン人は歌とダンスが大好きです。夜になるとあちこちのクラブに若者たちが足を運びます。軽食からアルコールまでいろいろ揃っていますので、ただ座って食事をするだけでも楽しいでしょう。

但し、夜に一人で出歩く場合はクラブではスリ等に気を付ける必要があります。よほどのことがない限り危険な目には遭いませんが油断は禁物です。緊張感はもって行動した方が良いかとは思いますが、どこにいっても英語が通じるので英語の勉強にもなります。是非学校だけではなく町に繰り出してみましょう。

その際、日本人と交流することは可能な限り避けましょう。異国の地にいくとつい同郷の人とばかり話してしまう人がいますが、本来の目的を思い出して、踏みとどまってください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

TOEICスコアと学習時間の相関関係|就職活動とTOEIC(第7話)

フィリピン留学のメリット(距離・時差編)|フィリピン留学とその効果(第5話)

TOEICの高いスコアが必要とされる業界とは |就職活動とTOEIC(第4話)

フィリピン留学の効果(英会話編) |フィリピン留学とその効果(第9話)

TOEICが高得点であると採用されるって本当?|就職活動とTOEIC(第1話)

マニラとセブはどちらがおすすめ? |フィリピン留学とその効果(第7話)