フィリピン人の英語力は?|フィリピン留学とその効果(第1話)

フィリピン人って、何語を話すの?あんまり想像つかない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実はフィリピンの公用語にはタガログ語と言う言語があります。このタガログ語は、 フィリピンのうち首都マニラを含むルソン島南部を中心に用いられている言語で、音階が綺麗なことでも有名です。

フィリピン語という言い方もあり、これはタガログ語とニアリーイコールであると考えていただいて差し支えないです。

この言語はスペイン語に似ている言語で、スペイン語と単語が一緒、または似ているものが多く存在することが特徴であります。

さて、公用語はタガログ語であると申しましたが、実はフィリピンにはもう一つ公用語が存在するのです。それが英語なのです。

フィリピンは数千を超える島国です。それらの島々では無数の方言が話されていますが、それぞれの島出身の人々がどこかで一堂に会する際には共通の言語が必要になります。

その際に用いられるのが英語なのです。

これはタガログ語を凌いで事実上の第一公用語と言えるでしょう。

と言う事で、英語はフィリピン人にとっては馴染みの深い言語であると言う事が理解出来ましたでしょうか。

では日常的にどの程度英語を使っているのでしょうか。

例えば学校で授業を受ける際には実は殆ど話し言葉も教科書も英語で行われています。

国語や歴史等一部の授業を除いてです。

と言う事で、小学校の時から高校を出るまで、約1万時間を超える授業時間に英語が使われますので、一般市民も英語は朝飯前、と言うより、かなり高度な英語力を有すると言っても過言ではないでしょう。

実はフィリピンはアジアの中で一番英語力が高い国であるとも言われています

。シンガポールやマレーシア、香港などももちろんアジアの中では英語力が高い国であると言われていますが、その国々を凌ぐレベルを兼ね備えているのです。

実際に、米国カリフォルニア州に本社を置くGlobalEnglish社ではビジネス英語力(Business English Index: BEI)という指標を調査結果から報告していますが、この中でもフィリピンは何とNo1の結果を出しています。

世界中の国々が参加しているこの調査のなかでの一番ですから、信頼性も高いデータと言えるでしょう。

ちなみにこの調査で日本は何と、78か国中51位とかなり低い結果となっております。

少なくともあなたが日本人の平均であると仮定するならば、フィリピン人の英語力を上回ることは殆ど無いという結果であります。

フィリピンの英語力の高さをご理解いただけたでしょうか。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フィリピン留学の効果(英会話編) |フィリピン留学とその効果(第9話)

学校選びのポイント |フィリピン留学とその効果(第8話)

TOEICスコアと学習時間の相関関係|就職活動とTOEIC(第7話)

外資系企業にTOEICスコアは必要か|就職活動とTOEIC(第6話)

TOEICスコアを急激にあげる方法(試験まで1週間)|就職活動とTOEIC(第8...

TOEICの高いスコアが必要とされる業界とは |就職活動とTOEIC(第4話)