TOEICのスコアを700点代へあげるには

インターネットの普及に始まりグローバル化社会が勢いよく進む現在、就職活動を控えた学生にとっても、英語を始めてとする多言語の理解力また技能などを上手に表現することで、会社側からの関心を集めるきっかけとなることがあります。

そこで、私の学生時代に工夫した英語の学習方法について紹介して期待と思います。一般的に社会人として入社1年目に求められる語学能力はTOEICを例に挙げるとおよそ700点程です。TOEICは英検(日本英語技能検定)とはことなり英語の理解力を数字で指標していく試験です。その為、2次試験にスピーチなど表現技術を求められるようなことは無いので、大きく分けるとリスニング・リーディング・文法構成の理解に手中して現況を進めていくことが出来ます。

レベル分けの無いこの試験は、対象とする受験者の年齢・国籍などにとらわれることなく構成されている為、出題される問題も優しい問題からはじまり後半へ進むにつれて用いられる単語も大学せいレベルといった具合に非常に難しくなっています。その為、前半の問題を不注意に間違えてしまうと高得点を期待する受験生にとって致命的といえます。前半のリスニング問題はテンポ良く流れる出題音声に如何にあせらず、答えを導いていけるかが大きなポイントとなります。

まず、音声問題が始まる前に問題用紙に記載された選択肢に目を通すように心が得ましょう。ひとつひとつ、問題の進行に合わせて上記を心がけていくことが本番にあせらずまた的確に正解となる選択肢を得るコツとなります。リスニングに自身のない方には、Youtubeやネット上で閲覧できる英語圏のニュース番組を毎日1時間ほど視聴することをお勧めします。そのとき、放送される事件事故などの大方の粗筋を軽くノートに書き取る練習を加えることで、普段聞きなれない英語音を記憶することができ、記事の内容を改めて閲覧することで聞き取れる英単語の数が次第に増えて行くのを実感するはずです。

主題は録音されたとおりに一定のテンポで流れて来るため、耳にしたフレーズを再度脳裏に繰返す練習を行っていきます。そこから、理解できなかった単語が仮に含まれていたとしても、選択肢に合致する会話の粗筋を読み取ることが出来てくるため、落ち着いて回答していくことが可能になります。大事なのは、聞きながらもある程度の想像を膨らませ、流れてくる音声から常用を把握していきます。

その後は、試験の構成からだと文法問題のような推理能力を測る問題へと続いていきますが、先に取り掛かってほしいのは後半の長文問題です。記載されている単語の量また、選択肢のフレーズが長くなればなるほど後へと敬遠されがちですが、じつはほれ程難しいテーマを取り上げていないため、早く読み上げるコツさえ身につけてしまえば、考える時間も殆どなく確実に正解を導き出すことが出来るのです。まずは、日頃からめんどくさがらずに英字新聞・短編小説など軽く読破できるものから読み込み自身を付けていきましょう。始めは内容の理解にこだわるよりは以下に早く読み終えるかといった点に留意してみてもよいかもしれません。

リスニング、リーディングどちらか飛びぬけて得意なものがあればそこを参考に苦手なものだけを勉強していくのも短期間で目標得点を達成するよい勉強方法ですが、700点程度であればどちらもバランスよく点数を取っていけば決して届かない点数ではありません。これから受験を考えている方にとってよいヒントになれば幸いです。

年齢非公開 RS

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大学受験の勉強法|前置詞の意味を覚える

英語圏の方と話したりするなど日常的に英語に触れること

英語を勉強するなら繰り返しが大事

英会話学校に通って英会話が上達!

好きなハリウッドスターを見つけて英語力アップ

10000語~15000語レベルの英単語習得のための勉強法