英検準1級を合格するための勉強法

私はもともとビートルズなどの洋楽が好きで、ギターを弾くのが趣味でした。小さいころから英語に親しんできたので、自然と中学校の英語の先生になり、学校でも生徒に向けて洋楽を歌ったりして楽しく過ごしていました。でも、英検は2級までしか持っていませんでしたし、大人になってからもきちんと勉強しなおしたいと考えて、準1級向けのテキストを購入することにしました。

勉強と受験をしたのは五年前のことですが、ここで英語の学習で気をつけるべきことをお教えします。

まず、テキストは何冊も何冊も買ってしまいがちですが、一冊をしっかりと何回もやりなおすようにしてください。繰り返し学習することで、理解が深まっていきます。たくさん買えば買うほど良いと思ってしまっている方が本当に多いので、じっくり一冊の参考書を極めるようにしましょう。ページ数を勉強する日数で割るなどすると、毎日やるべき量が分かるので便利かと思います。

それから、口に出して音読の練習をすることも大切です。目で読んで覚えようとするだけではなく、しっかりと発音すると英検の対策にもなると思います。英検は面接官と話す試験がありますので、しゃべる練習は絶対にしなくてはいけません。できれば、面接官役をやってくれる人を見つけておくと良いでしょう。学生さんなら、先生に頼むと良いかもしれません。いきなりやると緊張するので、雰囲気だけでもやっておくと良いでしょう。

また、短期間でも良いので、一度英語の勉強のために海外に行ってみることをおすすめします。私は教員になってから、思い切ってアメリカの大学に少しの間留学しました。それのお陰か、帰国してから英検準1級を受けたら合格できました。大人になっても色々なことに挑戦することが大事だと思います。

もちろん、音楽を通じて英語に触れてきたのも結果的には良かったことだと思います。リスニング力を鍛えるためには、やはり音楽で耳を慣らしたり、海外の映画やドラマを観て楽しく勉強するのが一番です。歌詞を読んで意味を調べたり、映画は音声は英語、字幕は日本語で何度も観て、内容を覚えたら今度は字幕を消してみるなど、とにかくリスニングに慣れていくことが必須だと考えています。

英検は筆記のテストも大切ですが、そこで受かってもその次の面接試験で失敗してはもったいないので、テキストをしっかり読み込んで、過去問を頭に叩き込み、しゃべる練習を繰り返しましょう。地道な学習が重要です。

27歳・RT

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シャドーイングは究極の英語勉強法

基礎力+αの方に向けた翻訳のための英語の勉強法

予備校講師時代に教えていた英語の勉強法

オンライン英会話スクールで会話力を向上!

グラマーの勉強は中高の教科書で充分!

お金をかけずにスピーキングの勉強