近道なんてない!急がば回れの英語勉強法

私自身、英語を一番勉強した時期は大学入学のために勉強していた浪人生の時です。もともと文系出身ではあったのですが、英語の成績はごく普通で得意でも不得意でもありませんでした。

予備校の先生から教わった勉強方法も間違いではないのですが、やはり書店などで様々な参考書を参考にし、自分に合った勉強方法を確立するやり方が1番だと思います。

それでは、私が実際に取り組んだ勉強方法を紹介します。

英語にはリスニング、英文法、単語力、長文読解力のスキルが必要とされ、どのスキルも厳かにすることはできません。4つのスキルを総合的に伸ばす必要があります。

リスニング力を伸ばすために洋楽を英語歌詞を見ながら歌い続けました。

この方法は発音の練習にもなりますし、音楽が好きだったのでかなり楽しくできました。アーティストはビートルズかディズニー系の曲を歌っていました。ビートルズの曲は歌詞も覚えやすいですし、テンポも速くないので歌いやすいです。

ディズニー系の曲は難しい単語が少ないので、覚えやすく、とっつきやすかったです。

次に英文法の勉強方法としては、即戦ゼミなどたくさんの文法を使った例文が紹介されている参考書を一文一文音読しながら、丸覚えしました。ポイントは音読です。

①例文を見ながら音読する。

②日本語訳を音読する。

③例文を伏せて音読する(暗記する)

①?③を繰り返し行いました。この方法では単語力もつきます。一つずつの文法を理解するというよりはひたすら音読をするイメージです。

かなり大変な勉強方法でしたが、今でもいくつか覚えてます。音読の力、恐るべしです。

次に単語力をつけるためには単語帳の単語を覚える以外に方法はない気がします。上記の英文法の勉強方法でももちろん単語力もつきますが、十分ではありません。

やはり、単語帳の単語を一つずつ覚えることです。

①英単語を見て、日本語を確認。

②英単語と日本語を交互に声に出す。

③1度覚えたと思っても忘れてしまうので、復習する。

①?③をひたすら繰り返していました。私はいちいち英単語を書いたりしませんでした。

最後に長文読解力ですが、英文法、単語力を駆使して、臨めば、ある程度は理解できます。ただ、問題を理解し、いかに速く解けるかが勝負です。長文読解は慣れることも必要だと思ったので、様々な参考書の長文を読み、数をこなしました。中には引っかけ問題のようなくせの強い参考書もあったので、国語の読解力も必要でした。私自身、国語の(日本語の)読解力がなかったので苦労しました。

これらの4つのスキルを総合的に伸ばすことが英語の勉強方法には大切だと思います。単語力、文法が得意でも長文読解力がなければ英語は伸びないと思います。

近道なんて考えず、根気よく、コツコツ勉強することが大事です。

これらの方法でセンター英語の点数が65点から160点まで伸びたので、少しでも参考にしていただければ、嬉しく思います。

30歳/W.H

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

海外ドラマで英語力がアップ!

英語アプリによる英語表現の暗記

コミュニケーション英語はネット動画で学習できる!

英語学習の基本は声に出して読むこと!

お金をかけずにスピーキングの勉強

ビジネスでも使える英作文勉強法