英会話学校にこれから通う方へ!!自分に合った講師の見つけ方。

英語、日本人には何かと難しい印象があり、覚えるのはは時間がかかると思いますよね。
情報の発達した現代、オンライン学習、習得アプリ、読書、様々な英語学習法があると思いますが、今回は英語学習の王道である
英会話教室、更にその中でもみなさんの最大の関心事「英会話教室の自分に合った講師の見つけ方」についてのコラムをお伝えいたします。

日本語完全NGな講師は中級以上から!

英会話を習っていると、国籍も人間性も含め様々な講師と出会う事ができます。
その中には「レッスンの時間内完全日本語NG」な講師がいます、自分の意思、やりたいことを表現するときすぐに英単語が出てこないときがありますが
そんな時初心者はついつい「飲むは英語で、、、、えーと。」みたいに日本語がでてきてしまいます。講師によっては「No Japanese!」と指摘する講師もいます
初心者はわからなくて当然です!
私が初心者時代にいいなと思った講師は日本語で「頭文字はDダヨ」とガイドしてくれる講師でした、わからないときに英語で解説されてもどんどん頭がパニックになりますもんね!

アメリカ人講師、イギリス人講師発音が違う!

日本人は英語が聞きなれていないので、アメリカ英語もイギリス英語も同じ「英語」としてとらえてしまいますが、この二つは結構違います。
例えば、一番良く比較対象にされる単語「water」水ですね アメリカ英語ならば「ウォータァー」良く聞きなれていますが、イギリス英語ならば「ウオァ」みたいな閉じた英語にになります!これは一例にすぎませんが、よく「イギリスなまり」などと聞くように結構ちがうんです。
私の講師はアメリカ人でしたので、時折イギリス人と話すと発音に違和感を覚えることがあります。

単語も違うアメリカ英語、イギリス英語

発音が二つの国で違うとかきましたが、実は単語も結構違うのです、両者の違いの典型として良く使われる単語として日本人にもおなじみの単語「エレベーター」があります。
アメリカ英語ならば「Elevator」いつも見慣れた単語ですね、ところがイギリス英語ならば「Lift」になってしまいます。
どちらがいいというわけではないのですが、過去のアメリカ進駐軍の影響が色濃く残っている日本に入ってる英語ではアメリカ英語の方がおおいのではないでしょうか。

どっちがいいの?アメリカ人講師とイギリス人講師

私の講師がアメリカ人なので、ここまでアメリカ人講師の英学習語をお勧めしてきましたが、目的によって講師を選ぶべきではないでしょうか?
例えば、TOEIC対策が目的ならば、リスニングテープがイギリスよりなのでどうしてもイギリス英語よりになってしまいます。
例えばハリウッド映画を字幕なしで見るようになる!というのが目標の人にはアメリカ英語をお勧めしますし。海外駐在のための準備として英語を習うという方には赴任地によって、習う英語が違う、よって講師も違うということになるのではないでしょうか?

褒めるのがうまい講師ならば習得はとても速い!

日本人はどうしてもシャイなので、「褒める」が下手な人が多いのではないでしょうか?
実際に英語教室に通ってるなかで、外国人講師に驚くのは「褒める」ことのうまさです。
わからないことを聞くと「That’s Good question!」、自分で勉強した授業で習っていない単語を使うと「Good phrase!」と褒めちぎってくれます!
これは現在の私の講師から学んだことですが普段の実生活でも役立つのではないでしょうか?
うそでもいいから褒められると、「もっと続けよう」となりまた勉強したくなりますよね。

まとめ

大人になってからの英会話教室は決して安くありません安くても月額1万円程度~、時間的な制約もあり毎日職場で働いてから学校に通うのは時には大変なときもあります。
それでも目的や目標があって本来習わなくてもいい第二言語を貴重な時間とお金を費やして学校に通うんです。それならば自分にぴったりの講師を探して内容の濃い授業にして習得のスピードを上げていきたいですよね。学校を選ぶのと同様に講師選びも非常に大切です今回のコラムを活用してくれれば幸いです。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

英語面接の練習方法を一気に解説

日本語で文を読むみたいに英文をスラスラ読めるようになるための勉強法

海外転職希望者必見!現地企業での英語面接のポイント

TOEICで高得点を記録するポイント

You can’t polish a turd. |面白い英語フレーズ

Living on the Edge |格好いい英語フレーズ