英語を話せるようになるコツはリスニングを徹底すること

英語を話せるようになりたい人はたくさんいるでしょう。 しかしその勉強法に悩んでしまいますよね。 しかしリスニングのコツさえ掴めば実に簡単なことだったのです。

 

とにかく沢山の英語を聞くことが一番大事

英語を早く話せるようになるコツは、まずはリスニングを中心に勉強することです。

それはなぜかと言うと、日本人はアルファベットに慣れていないからです。

当然耳も慣れていないので、聞き取ることすらできないので、まずは慣れることが必要になってきます。

「試験の為の英語」と「会話の為の英語」は勉強法が変わってきます。

もし「会話の為の英語」をしたいのなら、英単語などを覚えるといった目でする勉強ではなく、聞くといった耳での勉強をしていきましょう。

「聞きとることが出来る」は「話すことができる」とイコールなのです。

逆に聞き取ることができないと、発声することはできません。

なので、最初にすべきことは、とにかく英語を聞いて聞いて聞きまくることが一番大切になってきます。

 

聞くことで勝手に文法は覚えられる

耳が英語を聞き取れるようになると、いろんな効果があります。

その一つが、文法を覚えることができるという点です。

日本語と英語は文法が全く違いますよね。

日本人にとって、それは勉強する上でネックになってきます。

しかし、毎日たくさん英語のリスニングをしていると、文法は勝手に身についてくるのです。

赤ちゃんが言葉を勉強するとき、文法は勉強しませんよね。

単に「聞く」だけです。それと同じで、効いている内にある程度は勝手に文法を覚えられるようになってくるのです。

そして自分で英語で文を作ってみようとしたとき、「理由は分からないけど、なんとなく正しい文法がわかる」という現象が起こってくるのです。

文法のコツは、習うより、慣れることです。

聞くことで単語も勝手に覚えられる

日本人が英語を勉強をするうえでよく間違えるのが、単語帳などを作成して英単語を覚えようとすることです。

英単語はわざわざ覚えなくとも、リスニングをしていく内に勝手に覚えていくのです。

聞き続けることによって、その単語の意味は分からなくとも、言葉として脳は記憶します。

全くなじみのない英単語はなかなか覚えることはできません。

しかし言葉として、うっすらでも記憶している「知っている単語」の意味はすっと頭に入ってきます。

なのでリスニングをたくさん行うことにより、「知っている単語」を増やしていくのです。

そうすれば、意味を調べた時に、すぐに覚えることができるのです。

とにかくコツは沢山英語を聞いて、知っている単語を増やすことです。

英語を口に出すことも大事

たくさんリスニングをしていると自然と英語が聞き取れるようになってきます。

そうなった時、次にやることは、英語を口に出すことです。

耳からインプットし、口からアウトプットすることで、脳に定着させるのです。

これはとにかく発声していくしかありません。

意味が全く分からなくても良いので、英語を流してリスニングしながら、同時にマネをして英語を喋っていくのです。

当然一日では意味はないですが、続けていくと効果は必ず出てきます。

発声するときのコツは、マネをすることです。

 

まとめ

英語の勉強は、机ではやってはいけません。

試験用の英語であれば構いませんが、喋るためなら、それはほとんど意味のないことだからです。

英語はとにかくリスニングが大事です。

みなこ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

決定版!1日15分で英単語が驚くほど身につく方法

英語スピーチの極意とは?

パワーポイントで英語プレゼンを行う時に心がけること

Thank you. だけじゃない!「ありがとう」の英語表現5選

TOEICの勉強で高得点を取るコツはこれ!

Living on the Edge |格好いい英語フレーズ