英単語や英語フレーズなどを覚えるために音楽は有効か

英単語や英語フレーズなどを覚える為には音楽のリスニングは有効か。結論から言うと音楽などは、できるだけ避ける方が無難です。以下ではその理由について解説します。

 

同じ英文ファイルでリスニングを行うというやり方

英語でボキャブラリーなどを覚える場合、リスニングなどは確かに有効です。とりわけ、1つの音声ファイルを聞き続けるやり方は有効なのです。

具体的なやり方ですが、まずは英語音声が収録されたファイルを用意します。そしてスマホなどを用いて、それを毎日聞き続けていくと良いのです。

この時に、あまり色々な音声ファイルに手を出さない方が良いです。多彩なファイルというより、できるだけ1つの音声で続ける方が、英語力も伸びやすくなるからです。

この覚え方は、耳からだんだんと音声が記憶されるメリットがあります。いわゆる音楽の耳コピのような状態になります。毎日同じ音楽を聞き続けていますと、自然と歌詞やメロディーも記憶できるでしょう。

 

音声ファイルの代わりに洋楽でリスニング学習をするという発想

ところで耳コピと聞くと、英語音楽という発想が浮上する事があります。

そもそも耳コピされる位でしたら、洋楽でリスニング学習をするという発想もあるのです。確かに音楽を毎日聞き続けていけば、だんだんとメロディーなども耳に刻まれていくでしょう。

それで人によっては、趣味は音楽なのです。中には、洋楽が好きな方々も見られます。

そして英語音声ファイルというのは、やや退屈してしまう場合があります。毎日同じファイルでリスニング学習をするのは良いですが、途中で退屈してしまいますと、覚えるのに苦戦してしまう可能性があるでしょう。それを懸念して、音楽で英語学習を行う方が良いという発想もある訳です。しかし、実はそれは避ける方が良いです。

 

音楽で覚えるのが望ましくない理由と独特の韻

というのも音楽の場合は、日常英会話で使うフレーズとは少し異なるからです。確かに洋楽の場合は、英語で歌われている事だけは間違いありません。だからと言って、その表現は実用的であるとは限らないのです。

そもそも音楽の英語は、韻に特徴があります。およそ日常生活で使うフレーズとは少々異なり、独特のリズムを乗せやすいフレーズが使われている傾向があるのです。

それは日本語で歌われている音楽の歌詞を黙読してみると、よく分かります。すでに色々な歌手の方々が歌っていますが、全く何もメロディーを聞かずに、歌詞を黙読してみると良いのです。ちょっと違和感を覚える事も、よくあります。すなわち、それが音楽で英語を覚える事のデメリットなのです。

ボリュームに関するデメリットもある

それと音楽の場合は、英文はあまりボリュームが多くありません。確かに収録時間自体は、1時間程度にはなっているCDも多いでしょう。

しかし全体の英文のボリュームを見てみる限り、かなり分量が少ないことが分かります。少なくともペーパーバック一冊というのは、少々難しいでしょう。

英語を覚えるにしても、それなりのボリュームは求められる事になります。ですから音楽というよりは、やはりリーディングやリスニング教材の英文で覚える方が良いでしょう。

 

まとめ

耳コピをするという発想自体は誤りではありませんが、音楽は英語教材としては不向きなのです。やはり英会話学習用のCD付きの教材を使う方が、効率は良いでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

TOEICの勉強で高得点を取るコツはこれ!

決定版!1日15分で英単語が驚くほど身につく方法

A Woman never dresses up to impress men,...

A dream exists to make it true.|格好いい英語フレ...

Don’t think. Feel!|格好いい英語フレーズ

リスニング力が劇的にアップするトレーニング法5選