英語のスピーキング訓練の方法とネイティブによる発音チェック

英語圏の国々に行きますと、スピーキングをする機会はよくあります。音読による訓練が推奨されますが、やはり発音が大切です。

 

英語のスピーキング訓練は場数を踏む事が大切

英語のスピーキングで大切なのは、まずは場数です。リスニングなども同様ですが、練習量が少なければ英語力の伸びも限定される傾向があります。

例えば、1日にせいぜい5分程度しか英語のスピーキング訓練を行っていないとします。それでも伸びはゼロではありませんが、やはり効果は限定されてしまうでしょう。1日5分くらいの分量で習得できるほど、英語は簡単ではありません。やはり1日数時間は学習を継続するべきでしょう。

このため英語のスピーキング力を伸ばしたいと思うなら、まずは場数を意識するべきでしょう。何らかの手段で、話す機会を増やす必要があります。もちろん場数をこなす以上は、学習時間の確保なども重要なポイントになってきます。

 

場数を踏むのにおすすめの音読トレーニング

具体的にどうやって場数をこなすかというと、やはり最も手堅いのは音読トレーニングです。他のどの手段と比べても、時間は確保できる傾向があります。

確かに英会話スクールなどに行って、英語のスピーキング練習をする方法もあるのです。しかし、残念ながら英会話スクールでもボリュームは十分ではありません。たいていのスクールでは60分や90分などの分量になっていますが、それで習得できるほど英語は簡単ではないのです。

しかしマイペースに学習できる音読なら、話は別です。自宅で音読をする時間さえ確保しておけば、確実に場数をこなせます。まずは適切な英語教材を入手して、音読トレーニングから始めてみると良いでしょう。最低でも、1日に1時間はトレーニングを行いたいところです。

 

和製英語でない正しい発音で学ぶよう心がける

ただし英語のスピーキングには、注意点も1つあります。必ず正しい発音を心がけるべきなのです。

日本人独特の英語の話し方は、たまに和製英語などと表現される事もあります。アップルという英単語もありますが、正確な発音は全く異なるのです。またWaterという英単語も、ウォーターとは聞こえません。多くの日本人が思い込んでいる英語の発音は、実際は全く異なるのです。

もちろんスピーキングの訓練をするなら、正しい発音を習得するべきでしょう。訓練をする一番の目的は、海外で話す事です。いざ海外で発話してみた時に、全くネイティブに通じなければ意味がありません。ですから音声CDなどが付属している教材を確保し、正しい発音は意識するべきでしょう。

オンライン英会話も活用して発音をチェックしてもらう

なお正しい英語の発音を習得する為には、時にはチェックを受ける事です。自分では正しい発音だと思い込んでいても、実際には全く異なっている事も珍しくありません。

このため、オンライン英会話などは有効です。その英会話レッスンの良い点は、自分の好きな時間帯に話せることです。時にはオンラインレッスンでネイティブと話をしてみて、自分の発音で通用するかどうかを確認してみると良いでしょう。定期的にそれを続けていれば、ある程度は発音を矯正できます。

 

まとめ

英語のスピーキングの場数をこなすという意味で、英文音読は大いに有効なのです。それに加えてネイティブによるチェックを受けていけば、スピーキング力の伸びも期待できるでしょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

英語の発音を劇的に上達させる5つのポイント

英語スピーチの極意とは?

発音を伸ばすための効果的な学習方法!