TOEICで高得点を記録するポイント

英語力を証明する資格の1つに、TOEICがあります。ここでは、TOEICで高得点を記録するポイントについて解説します。

過去のTOEIC出題を解く事から始めていく

TOEICは、いわゆる就職活動などでは重視される傾向はあります。その点数が高い方が、多くの企業からも優遇される傾向はあるからです。ですから大学生の方々などは、TOEICのスコアアップを目指している事も少なくありません。

現にその英語資格は、確かに実力を証明する物差しにはなります。ですから多くの企業としても、英語力を確認する為に活用しているのです。

どうすれば、その資格試験にて高得点が見込めるかと言うと、やはり過去問からスタートしていくのが良いでしょう。すでにその資格試験は、過去に何回も実施されています。すでに多くの会社から書籍なども販売されていますから、まずはそれを解く事から始めるのが良い訳です。

 

やや厳しめな制限時間にすると良い

その際のポイントですが、時間はできるだけ短めに設定しておく事です。なぜなら本番では、ちょっと時間不足になってしまう可能性も一応あります。

その資格試験では、比較的多くの問題を解いていく事になるのです。出題量が多い都合上、時間切れになってしまう可能性は大いにあります。本人としてはかなりスピーディーに解答していたつもりでも、時間切れになったという話はよくあるのです。

しかし少々タイトな制限時間で訓練を積んでおけば、ある程度は時間に余裕を持たせることもできます。本番で慌てないようにする為にも、TOEICはやや厳しめな制限時間で解くようにすると良いでしょう。特に読解分野は、できるだけ厳しめな時間に設定する方が良いです。

 

大学受験と同様に慌てないように過去問で準備する

言ってみれば、それは大学受験と似た一面があります。そもそも大学によっては、出題に癖がある事も珍しくありません。やや特殊な出題形式になっている大学などは、過去問を解いておかないと困惑してしまう場合があります。

逆に出題形式を理解しておくと、いざ本番でも慌ててしまう可能性も低くなるのです。まして時間制限などは、思った以上に困惑してしまう傾向があります。全く準備をせずにTOEICに臨んだ方々は、本番で慌ててしまう事も多いです。

ポイントは、やはり実践シミュレーションをする事なのです。事前に入念に備えておけば、いざ本番で慌ててしまう事も少なくなると見込まれます。ですから、大学受験と同様に過去問は解いておく方が良いでしょう。

普段からの勉強の積み重ねがポイントになる

なおTOEICで高得点を取る為のポイントですが、やはり普段からの積み重ねです。

そもそもTOEICは、結局は英語の総合力が試される事になります。普段から英語力を高めておかない事には、その資格試験で高得点を記録するのも、少々難しくなってしまうでしょう。

逆に普段からコツコツと英語の勉強を続けていた方々は、かなりの得点も記録できている傾向はあります。普段の英語力を試してみる意味合いで、TOEICの過去問を解いてみるのも悪くないでしょう。

 

まとめ

結局この資格試験に臨む時には、過去問と普段からの学習の積み重ねという2点が、主なポイントになります。特に後者の積み重ねは、とても重要です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本語で文を読むみたいに英文をスラスラ読めるようになるための勉強法

ネイティヴらしくなる英語フレーズ表現!どんな時に使うのかをご紹介!

海外出張に備えて英会話スクールでビジネス英会話

ライティングの苦手意識を払拭する為にはダイアリーが有効!

リスニング力が劇的にアップするトレーニング法5選

英語スピーチの極意とは?