英語の勉強で重要なことは単語とSVOC!

英語は中学生、高校生の時は得意なほうでした。国語よりも英語ができるタイプでした。高校の時は英語の先生がかなりスパルタですので、かなり勉強しました。前置きはここまでにして本題に行きます。勉強法ですが、「とにかく単語を覚える」です。かなりシンプルですがかなりの重要なものです。まず英単語を覚えてなければ文章で何を言っているのかわからないです。

高校生になった時には絶対買う・買わされるであろう英単語帳。英単語帳はサイズ小さめでもかなりのページ数があります。そこに載っている単語をすべて覚えるというぐらいの気持ちで単語を覚えました。また、ただ赤シートを上からかぶせて「見た」だけではなく実際に「書いて」も覚えました。書くことも非常に重要です。書くことにより意味を知っていれば「ああ、これはこれか」と頭のなかからすぐ出てきます。また、単語を覚えるたびに発音するのも良いでしょう。強調する部分には声を高らかにあげて発音してました。発音はリスニングでも使えます。高らかに上げることでかなりの印象をつけることができます。

このように一石二鳥となるように単語と発音を覚えました。これにより、英語対策はできるでしょう。しかし、単語は先ほどでも言ったようにかなりの数があります。私の持っている単語集でも2000個以上。苦労はしますが、努力すれば英語はできるようになります。発音のことに関していってきたのですが、もう一つ大切なものがあります。それはSVOCです。Sは主語。Vは動詞。Oは目的語。Cは補語。この仕組みを理解することでもかなり違いました。

私の周り人はこれを理解できない人がけっこういました。よく私に「なんでこれがOなの?Cは何なの?」など質問が多かったです。SVOCを理解することで文章を機械的に当てはめることができます。SやVがすぐ理解できます。これにより文の並び替えや文章全体を理解できるのも夢ではありません。

これまでいろいろなことを言ってきましたが、ここで少しまとめをします。大

事なことは2つ。「単語を覚えること」「SVOCをすぐ理解すること」この二つが英語を学習するときに重要なことだといえます。単語、これは見るのではなく書いてください。真っ白な紙や適当なノートでもいいので白い部分がなくなるほど書いて覚えましょう。書く時間がない人は寝る前や体を動かしているときなどに見ましょう。

そしてSVOCのこと。文章には必ずしもこの成分が含まれています。これを見抜くことができれば何を言っているのか理解することができます。これは英語の参考書には必ず載っているので先に覚えて理解しましょう。この二つがあれば英語は怖くないです。単語が一番大変がとは思いますが根気強くやりましょう。

22歳 Y・K

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

英語の読解力をつけるには推理力を鍛えるのがおすすめ

近道なんてない!急がば回れの英語勉強法

英語は楽しみながら学ぼう!

映画を使った実用的なイギリス英語の勉強法

英語アプリによる英語表現の暗記

ビジネスでも使える英作文勉強法