英語の発音を劇的に上達させる5つのポイント

ネイティブのようなきれいな発音で英語を話したいと思ったことはありませんか?せっかく話すなら恥をかかないように話したいと思った人も多いはず。そこで今回は上手に発音するコツを紹介していきます。

 

まずはネイティブの発音を真似てみる!

ものは試しです。とにかく自分で発音してみることが大事。日本語の話し方と英語の話し方では口腔内の筋や舌の筋の使い方が大きく違います。なので、口腔内の筋トレをしないと、何度ネイティブの発音を聞いても発音できないのは当たり前です。聞いた音をそのまま口から出す練習を続けていきましょう。基本的には筋トレなので、確実に急には上手くなりません。しかし、日ごとに上達してくるはずなので、最初はめげずに頑張りましょう。

 

どのアクセントの英語を聞いている?

皆さんが英語を勉強する際は、どの国の英語を教科書にしていますか?実は英語は国によってかなりアクセントが違い、さらに言えば単語自体も違うことがしばしばあります。例えばイギリス英語とアメリカ英語は全然違うアクセントがありますが、その他の英語圏の国にもまた違ったアクセントがあります。たくさんの教材を利用するのはいいことですが、英語初心者はまず1つのアクセントに絞って、何度も繰り返し聞く練習をすると早く身につきます。

 

そもそも日本語の発音も大丈夫?

日本語で活舌よく話せる人は、だいたい英語の発音もきれいです。要は筋トレですね。言葉は腹筋、のどの筋肉、口腔内の筋肉全て使って発音されます。意外と思われる方も多いかもしれませんが、腹筋の筋トレを行うと英語の発音もきれいにでるようになることがあります。実際にネイティブスピーカーでも、筋力が弱いと活舌が悪くて聞き取りにくかったりします。普段は日本語を話す人も、しっかりお腹から声を出すように心掛けて話しましょう。

どの程度の頻度で英語を話す?

やはり言語は習慣なので、定期的に日常生活の中に取り入れる必要があります。とくにその頻度は大切で、週に1回英会話教室に通っている、というレベルではネイティブの発音は身に付きません。日本語は文節を区切って発音する癖がありますが、ネイティブは一つの文章を区切りなく読む習慣があります。この違いでも発音が異なってくるので、独り言でも構わないのでとにかく話す頻度を増やすことが大切です。そうすることで自然とネイティブの発音に近づきます。

 

LとRの発音

日本人が特に苦手なのがこのLとRの発音。右という意味のRIGHTと、光という意味のLIGHTが同じに聞こえる人も多いのではないでしょうか。そういう人はきっとライティングでもしばしばLとRを間違えていると思います。舌の使い方の違いですが、簡単にいうとLは舌を口の中の上の天井にくっつけて発音し、Rはアーと発音するといいでしょう。実際に耳で聞いて聞き分けられるようになると、自分でも発音しやすくなります。

 

THの発音

THという空気音も日本語にはない発音です。音としてはほとんどないに近いですが、この舌の動きがあのネイティブ独特の発音を作ります。上下の歯の間に舌を挟んで、そのまま空気だけだしましょう。スッとなったような、何の音も出てないような動作が出来れば完璧です。文脈の中にTHの単語があるとこの発音が大切になってきます。仕組みだけ理解してもらえば、会話を聞いている間に聞き取れるようになってくるので心配しなくても大丈夫です。

 

Oの発音

Oはお腹から声を出しましょう。やはりこのときに腹筋が大切になってきます。ネイティブの人は自然と行っていますが、日本語の発音にはない習慣なので、なかなかすぐにはできないのでは。大きなを出せばいいわけでもないんです。お腹から、喉を開いて「おー」というイメージです。この発音の仕方のために、英語が音楽のように聞こえるという人も多いです。こういった一つ一つの発音が上達していくことで、今まで聞き取れなかったネイティブの英語が何故かすんなりと入ってくるようになります。

 

まとめ

いかがですか?日本人はこれらの方法でかっこよく英語が話せるようになるはずです。ネイティブでも発音が下手な人がいるくらいなので、上手に話せないから、と恥ずかしがらなくて大丈夫です。何より繰り返し練習することが大切です。スムーズにコミュニケーションがとれるようになるためにも、明日から、と言わずさっそく今から発音する習慣をつけていきましょう。

あさみ、29歳

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「行ってきます」「ただいま」は英語で何て言う?

初めてTOEICを受ける時に知っておくべきこと

TOEICを初めて受ける人のためのパート7攻略法

楽しく英語のリスニング力を身につける方法

英語プレゼンテーションの実践すべきポイント

決定版!1日15分で英単語が驚くほど身につく方法