英語学習でスニングが大切な理由はコミュニケーションと記憶!

英語学習では、リスニングが大切とはよく言われます。それには主に2つ理由があって、コミュニケーションと記憶なのです。

コミュニケーションの為にリスニング力が不可欠な理由

英語を学ぶ目的の1つは、ネイティブの方々とのコミュニケーションです。少なくとも英語圏の方々とは、会話をするという目的はあるでしょう。

ところで相手と意思疎通をする為には、まずリスニング力がある事が前提になります。それは日本語でのコミュニケーションをイメージしても、明らかでしょう。

日本語で誰かと会話をする為には、少なくとも相手の話は理解する必要があります。まずは相手の話を聞いて、会話のキャッチボールをするべきと言われるでしょう。実際、それはその通りなのです。

それで相手の話を理解する為には、少なからずリスニング力は求められる事になります。リスニング力が備わっていなければ、そもそも会話自体が成立しないでしょう。

単語学習をする為にはリスニングは大切

このようにコミュニケーションという目的があるので、リスニングには力を入れる必要はあります。そしてもう1つが、単語の暗記の一助になるからです。

少なくとも相手の話を理解する為には、単語を知っていなければなりません。英単語を全く知らない状態で会話が可能かと言われれば、当然それは困難でしょう。

このため英語の学習をする為には、やはり単語は覚えていく必要はあるのです。つまり記憶が必要という事になります。

単語を記憶する為の手段は色々と検証されています。単語カードなどを使っている方々も、今なお多いです。

それも良いですが、やはり音声教材を使う方が効率的な傾向があります。音像を作り出す為に、リスニングを行う必要があるのです。

音像を作り出すことによって単語学習の効率を高める

そもそも何かを覚える時には、音像がある方が有利になる事も多いです。音楽の歌詞などを覚える時には、間違いなくそれがある方が有利です。

誰か作曲家の音楽を収録したCDを聞き続けていれば、自然とメロディーなどが口から出てくるでしょう。それは、耳に音像が形成されたからです。

同じ事は英語学習に対しても言えるのです。リスニング教材などを用いて英語学習を続けていくと、自然と英単語の音像が焼き付けられる事になります。

もちろん一旦耳に音像が形成されれば、それだけ英単語の習得もスムーズになるでしょう。つまり英単語学習の効率を求めているなら、リスニングには力を入れる方が良いのです。逆にリスニングを軽視してしまいますと、なかなか単語を覚えられない事もあるので、注意が必要です。

音像を作るには1つの教材に集中する方が良い

ちなみに音像を覚える為に学習をする時は、あまり多くの教材に手を出さない方が良いです。できるだけ、1つの教材に集中する方が良いでしょう。

というのもあまり多くの教材に手を伸ばしてしまいますと、音像も形成されづらくなってしまいます。その像が作られる為には、ある程度は継続をする必要があります。

つまり音像を記憶する為には、1つの学習に絞り込んだ方が良いのです。まずは1ヶ月ほどは1つの教材に集中して、音像形成を目指してみると良いでしょう。

まとめ

リスニングは、コミュニケーションと単語の記憶という2つの理由から、頑張って学習する方が良いです。優秀な教材を1つピックアップして、1ヶ月ほどはリスニングに励んでみると良いでしょう。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

I'll be right back. |格好いい英語フレーズ

英語を勉強するのが苦痛の人のための勉強を続けるコツ

決定版!1日15分で英単語が驚くほど身につく方法

英単語や英語フレーズなどを覚えるために音楽は有効か

Don’t think. Feel!|格好いい英語フレーズ

Before the wind.|格好いい英語フレーズ